株式会社クリアコード > ククログ

ククログ

«2016-08-30 最新 複数の作業環境から変更が同一ブランチにpushされるGitリポジトリについて、リモートにある内容を確実に手元に反映する»
タグ:

Speee Cafe Meetup #02 :OSS開発者を増やしたい! #speee_lounge

2016年9月1日に「Speee Cafe Meetup #02」という「OSS開発」をテーマにした勉強会がSpeee Loungeで開催されました。

この勉強会で「OSS開発者を増やしたい!」という話をしてきました。

関連リンク:

この話では「独自にOSSを開発する」だけでなく「既存のOSSの開発」(たとえばバグレポートとか問題修正とか)も含んで「OSS開発」と言っています。

話の流れは次の通りです。

  • 「個人」がOSSを開発する動機は「自分が割に合うか」でよい
    • OSSを開発したことがない人は「OSSを開発する」こと自体の敷居が高いので「割に合う」と判断しにくい
    • OSS Gateという「OSS開発をする敷居を下げる」取り組みがあるので活用するとよい
  • 「個人」ではなく「組織」で「OSSを開発する」ことに取り組むにはどうすればよいか
    • まず、(多くの)組織にとって「OSSを開発する」ことは「目的」ではなく「手段」であることを認識する
    • 「目的」は技術力アップ・開発効率アップ・知名度アップなどである
    • 「OSSを開発する」ことで↑の目的を実現できることがある
    • そのため、組織でOSSを開発することに取り組む場合は「みんなでOSSを開発しよう!」と「OSS開発すること自体を目的」にするのではなく、「(↑で挙げたような)メリットを実現するためにOSSを開発するというやり方を使おう」という取り組み方の方が現実的である
      • そうしないと、OSSを開発したけど技術力アップ・開発効率アップ・知名度アップなどにつながらなかったら「なんでOSSを開発しているんだろう…やめよう…」となってしまう

なお、クリアコードは組織がOSS開発に取り組むことを支援するOSS開発支援サービスを提供しています。組織としてOSS開発に取り組みたいと検討している方はご相談ください。なにを期待してOSS開発に取り組みたいかを明確にするところからのサポートにも対応します。

つづき: 2017-01-05
2016-09-01

«2016-08-30 最新 複数の作業環境から変更が同一ブランチにpushされるGitリポジトリについて、リモートにある内容を確実に手元に反映する»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|
タグ:
RubyKaigi 2015 sponsor RubyKaigi 2015 speaker RubyKaigi 2015 committer RubyKaigi 2014 official-sponsor RubyKaigi 2014 speaker RubyKaigi 2014 committer RubyKaigi 2013 OfficialSponsor RubyKaigi 2013 Speaker RubyKaigi 2013 Committer SapporoRubyKaigi 2012 OfficialSponsor SapporoRubyKaigi 2012 Speaker RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer badge_speaker.gif RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer
SapporoRubyKaigi02Sponsor
SapporoRubyKaigi02Speaker
RubyKaigi2009Sponsor
RubyKaigi2009Speaker
RubyKaigi2008Speaker