株式会社クリアコード > サービス > BrowserSelector

BrowserSelector

BrowserSelectorとは、Webページによってブラウザを自動的に切り替えるためのソフトウェアです。企業での複数ブラウザ併用を支援するために開発されました。

この記事では、ブラウザ切り替えツールBrowserSelectorの概要を説明します。

BrowserSelectorの仕組み

BrowserSelectorは、ブラウザ切り替えを判定する本体プログラムと、ブラウザ向けのアドオンから構成されています。

名称種別説明
BrowserSelector本体プログラム設定に応じてブラウザの切り替えを判定する実行プログラム。
BrowserSelector BHOIE用アドオンIE用のブラウザヘルパーオブジェクト。
IEView WEFirefox/Chrome用アドオンFirefox/Chrome用のWebExtensionアドオン。

BrowserSelectorの本体プログラムには、「このURLはこのブラウザで表示する」という判定を行うマッチングエンジンが組み込まれています(この対応の紐付けは、INI形式の設定ファイルやレジストリで管理することができます)。

各ブラウザ向けのアドオンは、ページナビゲーションごとにURL情報を本体プログラムに連携します。本体プログラムは、与えられたURLをマッチングエンジンで処理して、対応するブラウザを起動します。これによって、例えば「IEで社外サイトへのリンクをクリックした時に、自動的にFirefoxを立ち上げて表示する」といったことが可能になります。

BrowserSelectorの構成イメージ

ページナビゲーション時の処理の流れ
  1. ユーザーがブラウザ上でリンクを開きます。
  2. アクセス先のURLを、アドオンが本体プログラムに連携します。
  3. 本体プログラムは設定ファイルとURLを照合して、適切なブラウザを起動します。
自動的にブラウザが開かれるので、スムーズな閲覧が可能です。

よくある質問

BrowserSelectorの動作環境は何ですか?

Microsoft Windowsを搭載したコンピューターであれば使用できます。システム要件は次の通りです。

OSWindows 7/8/8.1/10
IEInternet Explorer 9/10/11
FirefoxMozilla Firefox バージョン60以降
ChromeGoogle Chromeバージョン79以降

BrowserSelectorの利用にライセンスの購入は必要ですか?

不要です。BrowserSelectorはオープンソースソフトウェアですので、ライセンス費用を払うことなく自由に利用することができます。

BrowserSelectorの導入・運用にあたって支援を受けたいというお客様様向けには、導入支援等のサポートを提供しています。

BrowserSelectorはどこから入手できますか?

BrowserSelectorのインストーラはプロジェクト公式ページからダウンロードできます。

BrowserSelectorの利用方法を教えてください。

BrowserSelector利用ガイドを参照してください。

サポートの問い合わせ

クリアコードではBrowserSelectorのサポートサービスを提供しています。自社のシステムで使ってみたい、また使っていて解決したい点があるなどの課題がございましたら、こちらのフォームからお問い合わせください。