ククログ

「雑に立てられるissue」で疲弊しないためにOSS開発者ができること

要約:OSS開発プロジェクト運営者の側でとれる対策はいくつかあるよ。issueは基準を設けてどんどん閉じてしまおう。GitHubならActionsで自動化も簡単だよ。自動テストを整備するように、必要なコストだと思って割り切るといいよ。

もっと読む

技術に詳しくない人向けの技術用語集をクリエイティブ・コモンズライセンスで公開

クリアコードでコードを書く以外の仕事をしている吉本です。 米国に留学していたので、英語の読み・書き・話す・聞くについては、差し支えなくできることが、セールスポイントです。

さて、クリアコードでは、いろいろなソフトウェアの開発やコミュニティサポートを行っています。 技術の世界に足を踏み入れたばかりだと、日本語でも、英語でも知らない単語や、知っていると思っていたのとは違う意味の単語に日々であっています。

そういった、知っているようで知らない単語や英単語などを集めて、用語集をつくりはじめました。

もっと読む

PC上でWeston + Wayland版Chromium + Fcitx5での日本語入力環境を構築する

最近組み込み機器の日本語入力環境の改善に携わっている福田です。

主にFcitx5関連の拡張を行っています。最終的には組み込み機器上に実装することになりますが、大半の作業はPC上で実行環境を作って行います。

今回、Weston上でWayland版のChromiumを動かし、Fcitx5で日本語入力ができる環境を構築したので、その手順を紹介します。

もっと読む

db tech showcase 2021 - Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021

db tech showcase 2021の11月17日(明後日!) 15:30-16:15のセッションで「Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク」という話をする須藤です。まだ登録できるのでApache Arrow Flightに興味がある人はぜひこのセッションに参加してください!オンライン開催です!セッション中およびセッション後はチャットで私と質疑応答できます!

もっと読む

PostgreSQL Conference Japan 2021:PGroongaを使って全文検索結果をより良くする方法 #pgcon21j

PGroongaサポートサービスを担当している堀本です。

2021年11月12日(金)にPostgreSQL Conference Japan 2021が開催されます。 私は、「PGroongaを使って全文検索結果をより良くする方法」という題名で、PGroongaでより良い検索結果を得るのに使える機能を紹介します。

もっと読む

PostgreSQL Conference Japan 2021 招待チケットプレゼント!

クリアコードで、コードを書く以外の仕事をしてる吉本です。

クリアコードは、PostgreSQL Conference Japan 2021をシルバースポンサーとして応援しています。

明日(11月11日9時30分)までの応募で、1名様に招待チケットをプレゼントします!

もっと読む

Fluentd v1.14.2に関してGitHubセキュリティアドバイザリーを公開しました (GHSA-hwhf-64mh-r662)

クリアコードではFluentdのサポートサービスを提供しています。

今回は、Fluentd v1.14.2で脆弱性の修正を含むリリースを実施しました。 これにともない、GitHubセキュリティアドバイザリーを公開しています。 問題の発覚の経緯とどのように対応したのかについて説明します。

もっと読む

OSS Gateオンボーディング第一回を実施 - Debianコントリビューターを1人増やせた!

Debian開発者としてDebianのコミュニティーで活動している林です。

2021年8月から10月にかけて、OSS Gateオンボーディングという取り組みを実施しました。 OSS Gateオンボーディングはより深く継続的にOSSを開発する人を増やすことが目的です。

この目的を実現するために、OSS Gateオンボーディングでは「開発者が増えて欲しい」先輩役と「開発に参加したい」新人さんをマッチングし、「開発に参加したい」人が「継続的に開発に参加する人」になれるように支援することにしました。

今回は、OSS Gateオンボーディングの第一回として「debパッケージのメンテナンスやそれを支えるシステムの開発」という内容で参加者を募集し、実際に支援をした内容を紹介します。

もっと読む

#Fluentd トラブル相談 2 - Fluentdの再起動時にEADDRINUSEが発生する

第2回目のFluentdトラブル相談で取り上げるのは、Fluentdでサービスのログを転送する際に発生したトラブルです。

ご相談内容

Fluentdを使って、自社サービスのログを中央のサーバーに収集しています。

困っていることとして、ログ収集サーバーのFluentdを再起動すると、EADDRINUSEというエラーが発生することがあります。 発生頻度は時々で、必ず発生するわけでもありません。また、Fluentdを一旦すべて終了してから再起動すると復旧します。

毎日の運用上、非常に煩わしいので、このエラーがどうして起きているのか調査いただけないでしょうか。

もっと読む

Fluentdのプラグインのメモリリークの特定を支援するプラグインを使う方法

クリアコードではFluentdのサポートサービスを提供しています。

今回は、プラグインのメモリリークの特定を支援するプラグインを開発したので、 どんなことができるのか、またどのように使ったら良いのかを説明します。

もっと読む