株式会社クリアコード > ククログ

ククログ

«前月 最新 翌月»
タグ:

tDiaryのデータをHTML化する

tDiaryをローカルなネットワークに配置して、tDiaryが表示する内容を静的なHTMLとして公開したい場合はよくありますよね。ククログもそんなよくある使い方の1つです。

tDiaryには静的なHTMLを生成するためのsqueezeプラグインがありますが、squeezeプラグインが出力するHTMLは以下の点でCGIで表示される内容と異なります。

  • 各日付のページしか生成しない
    • 最新の日記n件ページや月別ページやカテゴリページは生成しない
  • リンクがCGI用のリンクのままで、次の日記のページに移動するリンクが壊れている
  • テーマファイルや画像はコピーしてくれないので、生成したHTMLの入ったディレクトリ以下だけでは完結しない

ただし、これはsqueezeプラグインが検索エンジンへの入力データとしてのHTML生成を目的としているためです。よくある使い方では、生成されたHTMLはCGIで出力されているように表示できることが目的なので、上記のようなミスマッチが発生します。

そこで、ククログではhtml-archiver.rbという静的なHTMLを生成するスクリプトを使っています。html-archiver.rbは最後の方に載せています。

html-archiver.rbの使い方

html-archiver.rbを使うと、CGIで出力されている内容と同じように表示されるHTMLが生成されます。生成例は今見ているこのページです。

使い方はこうなります。

% ruby html-archiver.rb --tdiary tdiayr.rbのあるディレクトリ --conf tdiary.confのあるディレクトリ 出力先ディレクトリ

例えば、以下のような場合を考えます。

  • tdiary.rbは~tdiary/work/ruby/tdiary/core/にある
  • tdiary.confは~tdiary/public_html/にある
  • HTMLは~tdiary/public_html/html/以下に出力する

この場合はこのようなコマンドになります。

% ruby html-archiver.rb --tdiary ~tdiary/work/ruby/tdiary/core/ --conf ~tdiary/public_html/ ~tdiary/public_html/html/

機能

  • 日付ページの生成:
  • 最新n件ページの生成:
  • 月別ページの生成:
  • RSS 1.0の生成:
  • テーマファイルのコピー
  • 画像のコピー

制限

  • ツッコミが生成されるかどうかは試していない
  • カテゴリ一覧ページがきちんと生成されるかは(最近は)試していない
  • タブインデント(tDiary本体のコーディングスタイルに合わせているため)
  • 思ったほど使う場面が少ないかもしれない(もしかしたら、tDiaryが表示する内容を静的なHTMLとして公開することがそんなにないかもしれない)

ライセンス

GPL3あるいは3以降の新しいバージョンのGPL

html-archiver.rb

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
#!/usr/bin/env ruby
# -*- coding: utf-8; ruby-indent-level: 3; tab-width: 3; indent-tabs-mode: t -*-

require 'uri'
require 'cgi'
require 'fileutils'
require 'pathname'
require 'optparse'
require 'ostruct'
require 'enumerator'
require 'rss'

options = OpenStruct.new
options.tdiary_path = "./"
options.conf_dir = "./"
opts = OptionParser.new do |opts|
        opts.banner += " OUTPUT_DIR"

        opts.on("-t", "--tdiary=TDIARY_DIRECTORY",
                          "a directory that has tdiary.rb") do |path|
                options.tdiary_path = path
        end

        opts.on("-c", "--conf=TDIARY_CONF", "a path of tdiary.conf") do |conf|
                options.conf_dir = conf
        end
end
opts.parse!

output_dir = ARGV.shift

Dir.chdir(options.conf_dir) do
        $LOAD_PATH.unshift(File.expand_path(options.tdiary_path))
        require "tdiary"
end

module HTMLArchiver
        class CGI < ::CGI
                def referer
                        nil
                end

                private
                def env_table
                        {"REQUEST_METHOD" => "GET", "QUERY_STRING" => ""}
                end
        end

        module Image
                def init_image_dir
                        @image_dest_dir = @dest + "images"
                end
        end

        module Base
                include Image

                def initialize(rhtml, dest, conf)
                        @ignore_parser_cache = true

                        cgi = CGI.new
                        setup_cgi(cgi, conf)
                        @dest = dest
                        init_image_dir
                        super(cgi, rhtml, conf)
                end

                def eval_rhtml(*args)
                        link_detect_re = /(<(?:a|link)\b.*?\bhref|<img\b.*?\bsrc)="(.*?)"/
                        super.gsub(link_detect_re) do |link_attribute|
                                prefix = $1
                                link = $2
                                uri = URI(link)
                                if uri.absolute? or link[0] == ?/
                                        link_attribute
                                else
                                        %Q[#{prefix}="#{relative_path}#{link}"]
                                end
                        end
                end

                def save
                        return unless can_save?
                        filename = output_filename
                        if !filename.exist? or filename.mtime != last_modified
                                filename.open('w') {|f| f.print(eval_rhtml)}
                                filename.utime(last_modified, last_modified)
                        end
                end

                protected
                def output_component_name
                        dir = @dest + output_component_dir
                        name = output_component_base
                        FileUtils.mkdir_p(dir.to_s, :mode => 0755)
                        filename = dir + "#{name}.html"
                        [dir, name, filename]
                end

                def mode
                        self.class.to_s.split(/::/).last.downcase
                end

                def cookie_name; ''; end
                def cookie_mail; ''; end

                def load_plugins
                        result = super
                        @plugin.instance_eval(<<-EOS, __FILE__, __LINE__ + 1)
                                def anchor( s )
                                        case s
                                        when /\\A(\\d+)#?([pct]\\d*)?\\z/
                                                day = $1
                                                anchor = $2
                                                if /\\A(\\d{4})(\\d{2})(\\d{2})?\\z/ =~ day
                                                        day = [$1, $2, $3].compact
                                                        day = day.collect {|component| component.to_i.to_s}
                                                        day = day.join("/")
                                                end
                                                if anchor then
                                                        "\#{day}.html#\#{anchor}"
                                                else
                                                        "\#{day}.html"
                                                end
                                        when /\\A(\\d{8})-\\d+\\z/
                                                @conf['latest.path'][$1]
                                        else
                                                ""
                                        end
                                end

                                def category_anchor(category)
                                        href = "category/\#{u category}.html"
                                        if @category_icon[category] and !@conf.mobile_agent?
                                                %Q|<a href="\#{href}"><img class="category" src="\#{h @category_icon_url}\#{h @category_icon[category]}" alt="\#{h category}"></a>|
                                        else
                                                %Q|[<a href="\#{href}">\#{h category}</a>]|
                                        end
                                end

                                def navi_admin
                                        ""
                                end

                                @image_dir = #{@image_dest_dir.to_s.dump}
                                @image_url = "#{@conf.base_url}#{@image_dest_dir.basename}"
                        EOS
                        result
                end

                private
                def setup_cgi(cgi, conf)
                end
        end

        class Day < TDiary::TDiaryDay
                include Base

                def initialize(diary, dest, conf)
                        @target_date = diary.date
                        @target_diaries = {@target_date.strftime("%Y%m%d") => diary}
                        super("day.rhtml", dest, conf)
                end

                def can_save?
                        not @diary.nil?
                end

                def output_filename
                        dir, name, filename = output_component_name
                        filename
                end

                def [](date)
                        @target_diaries[date.strftime("%Y%m%d")] or super
                end

                def relative_path
                        "../../"
                end

                private
                def output_component_dir
                        Pathname(@target_date.strftime("%Y")) + @target_date.month.to_s
                end

                def output_component_base
                        @target_date.day.to_s
                end

                def setup_cgi(cgi, conf)
                        super
                        cgi.params["date"] = [@target_date.strftime("%Y%m%d")]
                end
        end

        class Month < TDiary::TDiaryMonth
                include Base
                def initialize(date, dest, conf)
                        @target_date = date
                        super("month.rhtml", dest, conf)
                end

                def can_save?
                        not @diary.nil?
                end

                def output_filename
                        dir, name, filename = output_component_name
                        filename
                end

                def relative_path
                        "../"
                end

                private
                def output_component_dir
                        @target_date.strftime("%Y")
                end

                def output_component_base
                        @target_date.month.to_s
                end

                private
                def setup_cgi(cgi, conf)
                        super
                        cgi.params["date"] = [@target_date.strftime("%Y%m")]
                end
        end

        class Category < TDiary::TDiaryView
                include Base

                def initialize(category, diaries, dest, conf)
                        @category = category
                        diaries = diaries.reject {|date, diary| !diary.visible?}
                        _, diary = diaries.sort_by {|date, diary| diary.last_modified}.last
                        @target_date = diary.date
                        super("latest.rhtml", dest, conf)
                        @diaries = diaries
                        @diary = diary
                end

                def can_save?
                        not @diary.nil?
                end

                def output_filename
                        category_dir = @dest + "category"
                        category_dir.mkpath
                        category_dir + "#{@category}.html"
                end

                def relative_path
                        "../"
                end

                def latest(limit=5)
                        @diaries.keys.sort.reverse_each do |date|
                                diary = @diaries[date]
                                yield(diary)
                        end
                end

                protected
                def setup_cgi(cgi, conf)
                        super
                        cgi.params["date"] = [@target_date.strftime("%Y%m")]
                end
        end

        class Latest < TDiary::TDiaryLatest
                include Base

                def initialize(date, index, dest, conf)
                        @target_date = date
                        @index = index
                        super("latest.rhtml", dest, conf)
                end

                def relative_path
                        if @index.zero?
                                ""
                        else
                                "../"
                        end
                end

                def can_save?
                        true
                end

                def output_filename
                        if @index.zero?
                                @dest + "index.html"
                        else
                                latest_dir = @dest + "latest"
                                FileUtils.mkdir_p(latest_dir.to_s, :mode => 0755)
                                latest_dir + "#{@index}.html"
                        end
                end

                protected
                def setup_cgi(cgi, conf)
                        super
                        return if @index.zero?
                        date = @target_date.strftime("%Y%m%d") + "-#{conf.latest_limit}"
                        cgi.params["date"] = [date]
                end
        end

        class RSS < TDiary::TDiaryLatest
                include Base

                def initialize(dest, conf)
                        super("latest.rhtml", dest, conf)
                end

                def mode
                        "latest"
                end

                def relative_path
                        ""
                end

                def can_save?
                        true
                end

                def output_filename
                        @dest + output_base_name
                end

                def output_base_name
                        "index.rdf"
                end

                def do_eval_rhtml(prefix)
                        load_plugins
                        make_rss
                end

                private
                def make_rss
                        base_uri = @conf['html_archiver.base_url'] || @conf.base_url
                        rss_uri = base_uri + output_base_name

                        @conf.options['apply_plugin'] = true
                        feed = ::RSS::Maker.make("1.0") do |maker|
                                setup_channel(maker.channel, rss_uri, base_uri)
                                setup_image(maker.image, base_uri)

                                @diaries.keys.sort.reverse[0, 15].each do |date|
                                        diary = @diaries[date]

                                        maker.items.new_item do |item|
                                                setup_item(item, diary, base_uri)
                                        end
                                end
                        end

                        feed.to_s
                end

                def setup_channel(channel, rss_uri, base_uri)
                        channel.about = rss_uri
                        channel.link = base_uri
                        channel.title = @conf.html_title
                        channel.description = @conf.description
                        channel.dc_creator = @conf.author_name
                        channel.dc_rights = @conf.copyright
                end

                def setup_image(image, base_uri)
                        return if @conf.banner.nil?
                        return if @conf.banner.empty?

                        if /^http/ =~ @conf.banner
                                rdf_image = @conf.banner
                        else
                                rdf_image = base_uri + @conf.banner
                        end

                        maker.image.url = rdf_image
                        maker.image.title = @conf.html_title
                        maker.link = base_uri
                end

                def setup_item(item, diary, base_uri)
                        section = nil
                        diary.each_section do |_section|
                                section = _section
                                break if section
                        end
                        return if section.nil?

                        item.link = base_uri + @plugin.anchor(diary.date.strftime("%Y%m%d"))
                        item.dc_date = diary.last_modified
                        @plugin.instance_variable_set("@makerss_in_feed", true)
                        subtitle = section.subtitle_to_html
                        body_enter = @plugin.send(:body_enter_proc, diary.date)
                        body = @plugin.send(:apply_plugin, section.body_to_html)
                        body_leave = @plugin.send(:body_leave_proc, diary.date)
                        @plugin.instance_variable_set("@makerss_in_feed", false)

                        subtitle = @plugin.send(:apply_plugin, subtitle, true).strip
                        subtitle.sub!(/^(\[([^\]]+)\])+ */, '')
                        description = @plugin.send(:remove_tag, body).strip
                        subtitle = @conf.shorten(description, 20) if subtitle.empty?
                        item.title = subtitle
                        item.description = description
                        item.content_encoded = body
                        item.dc_creator = @conf.author_name
                        section.categories.each do |category|
                                item.dc_subjects.new_subject do |subject|
                                        subject.content = category
                                end
                        end
                end
        end

        class Main < TDiary::TDiaryBase
                include Image

                def initialize(cgi, dest, conf, src=nil)
                        super(cgi, nil, conf)
                        calendar
                        @dest = dest
                        @src = src || './'
                        init_image_dir
                end

                def run
                        @date = Time.now
                        load_plugins
                        copy_images

                        all_days = archive_days
                        archive_categories
                        archive_latest(all_days)

                         make_rss
                        copy_theme
                end

                private
                def copy_images
                        image_src_dir = @plugin.instance_variable_get("@image_dir")
                        image_src_dir = Pathname(image_src_dir)
                        unless image_src_dir.absolute?
                                image_src_dir = Pathname(@src) + image_src_dir
                        end
                        @image_dest_dir.rmtree if @image_dest_dir.exist?
                        if image_src_dir.exist?
                                FileUtils.cp_r(image_src_dir.to_s, @image_dest_dir.to_s)
                        end
                end

                def archive_days
                        all_days = []
                        @years.keys.sort.each do |year|
                                @years[year].sort.each do |month|
                                        month_time = Time.local(year.to_i, month.to_i)
                                        month = Month.new(month_time, @dest, conf)
                                         month.save
                                        month.send(:each_day) do |diary|
                                                all_days << diary.date
                                                 Day.new(diary, @dest, conf).save
                                        end
                                end
                        end
                        all_days
                end

                def archive_categories
                        cache = @plugin.instance_variable_get("@category_cache")
                        cache.categorize([], @years).each do |category, diaries|
                                categorized_diaries = {}
                                diaries.keys.each do |date|
                                        date_time = Time.local(*date.scan(/^(\d{4})(\d\d)(\d\d)$/)[0])
                                        @io.transaction(date_time) do |diaries|
                                                categorized_diaries[date] = diaries[date]
                                                DIRTY_NONE
                                        end
                                end
                                 Category.new(category, categorized_diaries, @dest, conf).save
                        end
                end

                def archive_latest(all_days)
                        conf["latest.path"] = {}

                        latest_days = []
                        all_days.reverse.each_slice(conf.latest_limit) do |days|
                                latest_days << days
                        end

                        latest_days.each_with_index do |days, i|
                                date = days.first.strftime("%Y%m%d")
                                if i.zero?
                                        latest_path = "./"
                                else
                                        latest_path = "latest/#{i}.html"
                                end
                                conf["latest.path"][date] = latest_path
                        end
                        latest_days.each_with_index do |days, i|
                                latest = Latest.new(days.first, i, @dest, conf)
                                latest.save
                                conf["ndays.prev"] = nil
                                conf["ndays.next"] = nil
                        end
                end

                def make_rss
                        RSS.new(@dest, conf).save
                end

                def copy_theme
                        theme_dir = @dest + "theme"
                        theme_dir.rmtree if theme_dir.exist?
                        theme_dir.mkpath
                        tdiary_theme_dir = Pathname(File.join(TDiary::PATH, "theme"))
                        FileUtils.cp((tdiary_theme_dir + "base.css").to_s, theme_dir.to_s)
                        if @conf.theme
                                FileUtils.cp_r((tdiary_theme_dir + @conf.theme).to_s,
                                                                        (theme_dir + @conf.theme).to_s)
                        end
                end
        end
end

cgi = HTMLArchiver::CGI.new
conf = TDiary::Config.new(cgi)
conf.show_comment = true
conf.hide_comment_form = true
def conf.bot?; false; end
output_dir ||= Pathname(conf.data_path) + "cache" + "html"
output_dir = Pathname(output_dir).expand_path
output_dir.mkpath
HTMLArchiver::Main.new(cgi, output_dir, conf, options.conf_dir).run
タグ: Ruby
2008-12-05

会社紹介は一番最後

2週間ほど前になりますが、オブジェクト倶楽部2008冬イベント『オブラブ忘年会 〜ふりかえり2008〜』のライトニングトークスで話してきました。

発表資料: xUnit 2008

一番伝えたかったことは「テスティングフレームワークはデバッグ支援の機能を提供することが重要」だということです。時間もないので、その中でも「期待値と実際の値の違いの見せ方」についてだけ触れました。(資料でいうと24枚目からの話)

表向きは上の通りなのですが、今回の発表では1つ試してみたことがあります。それは、「会社紹介は一番最後がよいのではないか」ということです。一般的には自己紹介・会社紹介をしてから内容に入ることが多い気がしますが、それとは少し異なります。

最後の会社紹介は次のアクションの誘導

先日、Email Security Expo & Conference 2008(来年の今頃はこのURLになっていそう)に参加しました。参加の目的は情報収集です。商用の迷惑メール対策用製品がどこをウリにしているのかとどのようなWebインターフェイスを提供しているかに興味がありました。

現在、IPAの2008年度 オープンソフトウェア利用促進事業 上期テーマ型(開発) 公募に採択された「迷惑メール対策ポリシーを柔軟に実現するためのmilterの開発」のために、milter managerを開発しているのですが、それを開発する上で参考にするためです。

イベントでは製品紹介のセッションを中心に受講したのですが、その中で気づいたことがありました。 プレゼン資料の中で、一番最後に会社紹介を持ってきているセッションが多かったのです。そして、いくつかのセッションを聴いているうちにこれはとてもよい方法だということがわかりました。

この方法が有効なのは、セッションを聴いて、この製品がよさそうだなぁと思ったときです。プレゼンの一番最後に会社紹介を持ってくることで、よさそうだと思ってもらった後のアクションを誘導することができるのです。

プレゼンしている側としては、製品を紹介し、興味を持ってもらった人に問い合わせてもらいたいものです。一番最後に会社紹介を持ってくることで問い合わせ先を伝え、問い合わせるというアクションを誘導しているのです。(イベントではブースコーナーもあったので会社名さえわかれば、ブースコーナーに行って、デモを試したりより詳しい説明を受けることができた)

一番最後に会社紹介がないセッションを聴いているときにも、この製品はよさそうだなぁと思い、デモを見にいこうと思うことがありました。しかし、プレゼンの最後の頃には最初の方にあった会社紹介の内容はすでに覚えていなかったため、配布されていた資料を見直して、自分でどの会社かを調べ直す必要がありました。興味を持った人にこのような手間をかけさせると、その手間のために次のアクションを起こさないかもしれません。せっかく興味を持った人がスムーズに次のアクションに進めるように、ちょうど良いタイミングで次のアクションのための情報を提供することは有効だと思います。

試したこと

このような気づきがあったので、オブジェクト倶楽部でのライトニングトークスでは「一番最後に会社紹介をする」ということを試してみました。今回は、話す内容のベースに「動作するきれいなコードを維持し続けることが重要」ということがあったので、それと会社紹介をつなげやすそうだったということもあります。(クリアコード→きれいなコード)

今回は、発表の内容で「動作するきれいなコードを維持し続けることが重要」だと思ってくれた人が「話している人の会社もきれいなコードを維持し続けるのか、よさそうな会社だな」と思ってくれるかどうかを試してみました。つまり、今回の「次のアクション」は「動作するきれいなコードを維持し続ける」人たちがいる会社としてクリアコードを認識してもらうということでした。

何人かには成功したようなので、次に話すときも試してみようと思っています。そして、次の「次のアクション」はもう少し行動を促すことにしようと思っています。

2008-12-17

インターンシップ参加希望者募集開始

クリアコードでは来年の夏にインターンシップを実施する予定です。(2009年8月〜9月を予定)

そこで、インターンシップ参加希望者の募集を開始しました。

詳しくは募集ページに書いていますが、ここにも簡単に概要を書いておきます。

応募条件

応募条件は「プログラミングが好きなこと」です。他は、学生であることとまとまった時間がとれることなので、「プログラミングが好きなこと」だけが条件といってよいかと思います。もっと具体的な条件にしたり、細かく条件を並べるよりも、一番大切なこと1つだけとしました。「プログラミングが好きなこと」がプログラミング技術が飛躍的に上達するために必須のことだからです。

カリキュラム

インターンシップでは、フリーソフトウェアの開発を参加者とクリアコードのエンジニアがペアプログラミングで行います。このようなカリキュラムにしたことにはいくつが理由がありますが、一番の理由はこのカリキュラムが参加者もクリアコードのエンジニアもともに成長できると信じているからです。

開発対象としてフリーソフトウェアを選んだことには2つの理由があります。1つはクリアコードのエンジニアが業務で活かしている技術はフリーソフトウェアの開発で身につけたものだからです。もう1つは業務でFirefox/ThunderbirdやRubyなどの既存のフリーソフトウェアを利用したり、新規に開発することも多いからです。フリーソフトウェアではない開発業務もありますが、その場合でもフリーソフトウェアの開発で身につけた技術は活きています。クリアコードの業務が成り立つのはフリーソフトウェアの開発に関わっているからといっても過言ではありません。そして、参加者にとってもフリーソフトウェアの開発に関わることが有益だと思っています。

インターンシップという短い期間で、参加者には2つのことを学んでほしいと考えています。1つはプログラミング技術の向上、あるいは、向上するための方法です。もう1つはソフトウェア開発業務についてです。フリーソフトウェアの開発をペアプログラミングで行うことでそれらを実現できると考えています。

ペアプログラミングで開発を行うことにより、参加者には技術面において短い期間で大きな効果がでることを期待しています。また、クリアコードのエンジニアも教えることで学んでいけると期待しています。経験がある方も多いと思いますが、教えることで自分の理解が進むことは多いものです。

また、フリーソフトウェアの開発という内容はクリアコードでのソフトウェア開発業務にも結びつきます。クリアコードでは業務の中でフリーソフトウェアを利用するだけではなく、開発することもあるからです。例えば、C言語用のテスティングフレームワークのCutterや迷惑メール対策を支援するmilter managerなどです。

フリーソフトウェアの開発をペアプログラミングで行うというカリキュラムで、参加者もクリアコードのエンジニアもともに有意義なインターンシップになることを期待しています。

参加希望者の方へ

参加者もそうなると思いますが、このインターンシップはクリアコードにとっても初めてのインターンシップになります。よりよい内容にするためには試行錯誤を重ねていく必要があり、今はまだ最初の一歩です。そのため、現段階ではよりていねいにインターンシップを行うことができるように、今回は1名のみの募集としました。

興味がある方はインターンシップ応募申込書(Calc用|Excel用)に必要事項を記入し、minami@clear-code.comにメールで提出してください。疑問点なども同じアドレスで受け付けています。

余談ですが、インターンシップ参加希望者募集にあわせて会社紹介パンフレットを作成しました。(インターンシップページの最下部にリンクがあります。)

2008-12-25

«前月 最新 翌月»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|
タグ:
RubyKaigi 2015 sponsor RubyKaigi 2015 speaker RubyKaigi 2015 committer RubyKaigi 2014 official-sponsor RubyKaigi 2014 speaker RubyKaigi 2014 committer RubyKaigi 2013 OfficialSponsor RubyKaigi 2013 Speaker RubyKaigi 2013 Committer SapporoRubyKaigi 2012 OfficialSponsor SapporoRubyKaigi 2012 Speaker RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer badge_speaker.gif RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer
SapporoRubyKaigi02Sponsor
SapporoRubyKaigi02Speaker
RubyKaigi2009Sponsor
RubyKaigi2009Speaker
RubyKaigi2008Speaker