インターンシップ

株式会社クリアコード > ククログ > インターンシップ

Groongaの管理画面の改良案

クリアコードは今年もインターンシップを実施します。インターンシップをどのように実施するかを3行で説明すると次の通りです。

もっと読む

インターンの作業を進めやすくするための工夫

はじめに

リーダブルコードの解説やつくばインターンシップコンソーシアムのマッチングイベントをきっかけに、インターンシップへの応募が2件あり、今年2回目のインターンシップを9/2~9/6の1週間実施しました。インターンシップの記録はメモに残して公開しています。今回もインターンシップを通じてたくさんのことを学ぶことができました。

もっと読む

インターンシップで学んだこと4:何をテストするか

前回は3日目に3つ学んだことの中の2つめ「テストを整理する方法」についてまとめました。今回は3日目に学んだことの最後、3つめである「何をテストするか」についてまとめます。

もっと読む

インターンシップで学んだこと3:テストを整理する方法

インターン募集を開始したのが半年前の2月で、6月に開催されたRubyKaigi 2013までは1件も応募がありませんでした。RubyKaigi 2013に参加したところ1件応募があり、6月後半から7月にかけて実施しました。ここ最近まとめているインターンシップで学んだことはこの時期に実施したインターンシップで学んだことです。

もっと読む

インターンシップで学んだこと2:1人で開発しているときはていねいに開発を進める

インターンシップ1日目と2日目ではコメントに注目するとよいということを学びました。インターンシップ3日目のメモを読み返すと3日目は3つ学んだことがありました。今回はそのうちの1つ「1人で開発しているときにtypoとどうつきあっていくか」です。

もっと読む

インターンシップで学んだこと1:コメントを書きたくなるときはコードを見直す機会

RubyKaigi 2013で発表したらインターンシップの応募があり、6/17から7/29まで1ヶ月半くらい週3日でインターンシップを実施しました。インターンシップでやったことはメモに残して公開していました。ただメモに残すだけではなく、まとめておき、次のインターンシップや新しくクリアコードのメンバーになった人に伝えるために役立てようと試みています。

もっと読む

クリアコードがインターンシップを実施する理由

こんにちは。初代社長の南です。クリアコードでは開発以外のあらゆる業務を担当しています。

もっと読む

GtkIMCocoaの動作状況

はじめに

今回は、以前紹介したMac OS XのCocoa版GTK+で日本語入力を行うためのgtkimmodule(GtkIMCocoa)の開発の続きです。

もっと読む

るりまをより便利にするために開発したい機能

こんにちは。クリアコードで組込み機器向けのサイネージシステムの開発やRubyでのmilter1開発などを担当している沖元です。プライベートでは、るりまプロジェクトなどで活動しています。

  1. milter managerを使うとRubyでmilterを開発することができます。

もっと読む

GaaS: Groonga as a Service

4年ぶりにインターンシップを開始することを2月にお知らせしました。そこで予告していた通り、4月からインターンシップを実施します。インターンシップをどのように実施するかを3行で説明すると以下の通りです。

もっと読む