ノータブルコード

株式会社クリアコード > ククログ > ノータブルコード

ノータブルコード15 - MySQLの全文検索でplease, could_you

最近、MroongaMySQL 8.0対応を進めている須藤です。あとはコンディションプッシュダウンまわりを実装すればMySQL 8.0対応は完了しそうです。MySQL 8.0対応をしていて「お!」という思うコードがあったことを思い出したので15回目のノータブルコードとして紹介します。

もっと読む

ノータブルコード14 内部構造は必要以上に見せない

第14回目のノータブルコードでは、collectdのコードで印象に残ったヘッダのコードを紹介します。

もっと読む

ノータブルコード13 複数の処理系やバージョンを考慮してライブラリーを検出できるようにする

第13回目のノータブルコードでは、collectdをビルドするときに印象に残ったconfigure.acのコードを紹介します。

もっと読む

ノータブルコード12 データ構造を分かりやすくドキュメントする技

第12回目のノータブルコードでは、データ構造を分かりやすくするドキュメントのテクニックを紹介します。

もっと読む

ノータブルコード11 - 空になるかもしれないCのマクロの値を正規化

最近、GNU/Linux上のGCCとVisual C++のビルドでは同じ挙動なのにMinGWのビルドでだけ挙動が異なる件を調べていた須藤です。MinGWが提供するヘッダーファイルを見ていたら「お!」と思うコードがあったので11回目のノータブルコードとして紹介します。

もっと読む

ノータブルコード10 - 文芸的設定ファイル

第10回目のノータブルコードで紹介するのは、ドナルド・クヌースの設定ファイルです。

もっと読む

ノータブルコード9 - C言語で文字列を扱うときはNULL終端されているかどうかに注意する

全文検索エンジンGroongaの他にPostgreSQLで高速に全文検索できる拡張PGroongaの開発にも参加している堀本です。 今回は、PGroongaの開発中に「注意しないと危ないな」と思ったコードを紹介します。

もっと読む

ノータブルコード8 - Viewをシンプルに保つ

全文検索エンジンGroongaの開発に参加している堀本です。 Groongaは、Redmineのプラグインとして組み込むことができます。名前を redmine_full_text_searchといいます。 このプラグインによって、Redmineの全文検索をGroongaを使って実行できます。

もっと読む

ノータブルコード7 - Rustのif式を賢く使う

組み込みGeckoプロジェクトでRustに本格的に触れ始めた畑ケです。 今回は、組み込みGeckoプロジェクトでフィードバックしたgit2-rsのコミットから「これは!」、と思ったコードを見つけたので紹介します。

もっと読む

ノータブルコード6 - ポインターのサイズで32bit環境を見分ける

Groongaという全文検索エンジンの開発に参加している堀本です。 今回は、開発中にGroongaのソースコードから「おぉー」と思ったコードを見つけたので紹介します。

もっと読む