Fluentd

FluentdでLinuxのcapabilityを処理するには

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。 Fluentdは主にLinux上やWindows Server上でのユーザーが多いです。 Fluentdの使われ方で特に多いのがLinuxで動いているサーバーのログの取得です。 筆者畑ケがFluentdでLinuxのcapabilityを扱えるようにした話をまとめてみます。 FluentdでLinuxのcapabilityを扱う機能はFluentd v1.12.0に入る予定です。

もっと読む

fluent-plugin-kinesisのIRSA対応をした話

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。 Fluentdのプラグインの中で、AWSのkinesisというサービスに対応するプラグイン(fluent-plugin-kinesis)があります。 このプラグインはEKS(AWSのマネージドk8sサービス)でのPod毎に認証トークンを紐づける仕組み(IRSA)に対応していませんでした。 fluent-plugin-kinesisでIRSAによってサービスへのアクセスをEKS上からできるようにした話を書きます。

もっと読む

libvirtを使ってppc64leの検証環境を立ち上げる話

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。 Fluentd本体といくつかのプラグインがセットになったtd-agentというパッケージが提供されていますが、 td-agentのversion 4からaarch64(arm64)やppc64le(PowerPC)といった非x86_64環境にもパッケージの提供を開始しました。

もっと読む

macOSのインストーラーを作成するには

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む

fluent-plugin-mongoでTTLをサポートした話

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む

Windowsの新しいパッケージ管理システムのリポジトリにパッケージを登録するには

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む

Fluentd-kubernetes-daemonsetのElasticsearchイメージでILMを使う

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む

Fluentdのベンチマークツールの開発

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む

FluentdのInputプラグインでProtocol Buffersを扱う

はじめに

Fluentdの周辺のIssueチケットを見ていたらProtocol BuffersをFluentdのInputプラグインで扱えると面白そう1ということで、対応を考えてみた畑ケです。

  1. https://github.com/fluent/fluentd/issues/3000

もっと読む

FluentdとそのプラグインのWindowsでの開発環境

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

もっと読む