ククログ(2)

LuaのC APIを使ってネストしたテーブル型のデータを作成するには

はじめに

Luaのデータ型の一つにテーブル型があり、ネストさせることができます。 今回は、ネストしたテーブル型のデータをLuaのC APIを使って作成する方法を紹介します。

もっと読む

Flex Confirm MailとRedmine連携のThunderbird 78対応版をリリースしました

結城です。以前に書いたアドオンのThunderbird 78対応状況についての記事の続報です。

もっと読む

OSSプロジェクトへのコントリビュートで避けるべき6つのこと:3. 了承なしに作業を始めない

結城です。

もっと読む

OSSプロジェクトへのコントリビュートで避けるべき6つのこと:2. 一貫性を壊さない

結城です。

もっと読む

BrowserSelectorのすすめ - フリーソフトウェアでマルチブラウザをもっと便利にする

企業の運用では複数のブラウザを使い分けることがままあります。例えばこんな具合です。

もっと読む

ノータブルコード13 複数の処理系やバージョンを考慮してライブラリーを検出できるようにする

第13回目のノータブルコードでは、collectdをビルドするときに印象に残ったconfigure.acのコードを紹介します。

もっと読む

OSSプロジェクトへのコントリビュートで避けるべき6つのこと:1. プルリクエストで複数のことをしない

結城です。

もっと読む

fluent-plugin-kinesisのIRSA対応をした話

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。 Fluentdのプラグインの中で、AWSのkinesisというサービスに対応するプラグイン(fluent-plugin-kinesis)があります。 このプラグインはEKS(AWSのマネージドk8sサービス)でのPod毎に認証トークンを紐づける仕組み(IRSA)に対応していませんでした。 fluent-plugin-kinesisでIRSAによってサービスへのアクセスをEKS上からできるようにした話を書きます。

もっと読む

libvirtを使ってppc64leの検証環境を立ち上げる話

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。 Fluentd本体といくつかのプラグインがセットになったtd-agentというパッケージが提供されていますが、 td-agentのversion 4からaarch64(arm64)やppc64le(PowerPC)といった非x86_64環境にもパッケージの提供を開始しました。

もっと読む

WiX ToolsetでQuiet Execution Custom Actionを使ってバッチ実行時のコマンドプロンプト表示を抑制するには

はじめに

クリアコードでは、Fluentdの開発に参加しています。Fluentdにはtd-agentと呼ばれるディストリビューションがあり、各種プラグインをまとめてパッケージやインストーラーが提供されています。

もっと読む