株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Cutter 1.0.3リリース

昨日、C言語用の単体テストフレームワークである Cutterの1.0.3がリリースされま した。

実は、Cutter-1.0リリースから3回リリースしていま す。1.0.0以降はマイクロバージョンだけを上げていますが、新しく 追加された機能はマイクロとは思えません。例えば、Windows (MinGW)でのビルド に対応、GStreamer のサポートなどといった機能が含まれていました。過去のリリースに ついてはNEWS を見てください。

Cutterとは

Cutterはテストの書きやすさ・テスト結果からのデバッグのしやす さを重視したC言語用の単体テストフレームワークです。今回のリリー スからCutterの機能を説明したページ を用意 しました。

データ駆動テスト対応

同じテストを条件を変えて実行したい時があります。例えば、以下 のような場合です。

  • 複数の入力パターンがあり、それらを網羅的にテストする場合
  • 複数のバックエンドを抽象化し、どのバックエンドを利用して いる場合でも同じインターフェイスで扱えるライブラリをテス トする場合(Cでのcairo、Perl/Ruby/GaucheなどでのDBI、 RubyでのActiveRecordなど)

このような場合、必要な分だけテストコードをコピー&ペーストして テストを作成するよりも、以下のように書けるとテスト記述・管理 のコストを下げることができます。

  • テストは1つだけ用意
  • テスト条件、つまり、入力データを複数用意
  • 各入力データに対してそれぞれテストを実行

このようなテストの方法をデータ駆動テストと呼びます。

データ駆動テストではデータの用意の仕方にはいくつかの方法があ り、それぞれ利点があります。

データベースに保存された入力データを利用
大量のデータを用意したり、データを一括変更できるなどデー タ管理機能が豊富
CSVなど表形式の入力データを利用
Excelなどを利用して入力データを用意することができる
プログラム内で入力データを生成
動的にデータを用意するので、柔軟にデータを生成すること ができる。例えば、文字'a', 'b', 'c'を使って作られる長さ が3の文字列すべて("abc", "acb", ...)、などというデータ を用意できる。

Cutterでは今回のリリースで、最後の「プログラム内で入力データ を生成」する方法をサポートしました。使い方は以下の通りです。

  • data_XXX(void)を定義
  • data_XXX()中でcut_add_data()を使ってデータを登録
  • test_XXX(const void *data)を定義
    • dataにはcut_add_data()で登録したデータの1つが渡る

今までどおり、関数を定義するだけでよく、他のC言語用の単体テ ストフレームワークにあるような「登録処理」のようなことは必要 ありません。Cutterが自動で見つけてくれます。

コードにすると以下のようになります。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
void
data_XXX(void)
{
    cut_add_data("データ1の名前", data1, data1_free_function,
                 "データ2の名前", data2, data2_free_function,
                 "データの例", strdup("test data"), free,
                 ...)
}

void
test_XXX(const void *data)
{
    /* dataはdata_XXX()で登録した「data1」か「data2」
       か「strdup("test data")」。test_XXX()はそれぞれに対
       して1回ずつ、計3回呼ばれる。
     */
    cut_assert_equal_string("test data", data);
}

具体例は cut_add_data() を見てください。

まとめ

Cutter 1.0.3ではデータ駆動テストをサポートし、より簡単にテス トがかけるようになりました。

タグ: Cutter | テスト
2008-07-16

«前の記事: Pikzie 0.9.2リリース 最新記事 次の記事: Cutter導入事例: Senna (1)»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|