株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


rcairo 1.8.0リリース

2008/09/26にマルチプラットフォームで動作するベクトルベースの グラフィックライブラリであるcairo 1.8.0がリリースされました。また、同日のうちにcairoを Rubyから利用するためのライブラリ rcairo 1.8.0が リリースされました。([ruby-list45520] [ANN] rcairo 1.8.0 )rcairo 1.8.0はcairo 1.8.0に対応しています。rcairoの基本的 な使い方はるびまの記事「cairo: 2 次元画像描画ライブラリ」 にまとまっ ています。

ちなみに、誰も気づいていないかもしれませんが、cairoの最新API への対応は各種言語バインディングの中ではrcairoが最速です。

cairo 1.8.0

cairo 1.8.0ではテキストの扱いが改良されています。例えば、テキ ストを検索、選択、コピペできるようなPDFを出力するようになって います。また、「ユーザフォント」という機能が導入されています。

「ユーザフォント」はその名の通り、ユーザ(cairoを使う開発者) 独自のフォントを定義・利用できる機能です。利用例として、SVGフォ ントやFlashフォントなど標準化されていないフォーマットのフォン トの実装があげられています。通常は利用することはないと思いま すが、cairoがより広く利用される機会を増やす機能になるかもし れません。

もちろん、rcairoでは「ユーザフォント」もサポートしています。

rcairoの今後

rcairoには、cairoのバインディングだけではなく、rcairo独自の cairoをもっと便利に使うための機能が追加されています。例えば、 Cairo::Color もそのひとつです。

rcairoをもっと便利に使えるようにするためには、レンダリングエ ンジンのような機能が必要だと考えています。例えば、以下のよう にすれば表を描画できるというような機能を考えています。

1
2
3
4
5
table = Cairo::Table.new(:width => 400)
table << Cairo::Table::Header.new("column1", "column2", "column3")
table << Cairo::Table::Row.new("1x1 value", "1x2 value", "1x3 value")
table << Cairo::Table::Row.new("2x1 value", "2x2 value", "2x3 value")
context.show_table(table)

現在考えているサポートしたい描画対象は以下の通りです。もし興 味があったらぜひ手伝ってください。

タグ: Ruby
2008-09-27

«前の記事: Windows XPでThunderbirdのLDAP関連機能をテストする 最新記事 次の記事: Ruby-GNOME2 0.18.0リリース»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|