株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


milterでtaRgrey

milter-greylistでtaRgreyでmilter-greylistにtarpitの機能が取り込まれたことを紹介しました。当時はまだ取り込まれただけでリリースはされていなかったのですが、先日、開発版としてmilter-greylist 4.3.4がリリースされました。

興味のある方が簡単に試せるようにDebian GNU/Linux lenny i386用とUbuntu 8.04 LTS Hardy Heron i386用のパッケージを作成しました。

それでは、milterだけでtaRgreyを実現する方法を説明します。milter-greylist単体で実現すると設定が煩雑になるので、milter managerとmilter-greylistを連携させます。

設定

milter managerのUbuntu用インストールドキュメント通りにインストールされているものとします。Debian用のインストールドキュメントはまだHTMLで公開していないので、下書きを参考にしてください*1

ただし、milter managerは1.3.1(開発版)以降を利用してください。1.3.1のパッケージは以下にあります。

Ubuntu 8.04 LTS Hardy Heron用apt-line:

deb http://milter-manager.sourceforge.net/ubuntu/ hardy universe
deb-src http://milter-manager.sourceforge.net/ubuntu/ hardy universe

Debian GNU/Linux lenny用apt-line:

deb http://milter-manager.sourceforge.net/debian/ lenny main
deb-src http://milter-manager.sourceforge.net/debian/ lenny main

設定は以下のように変更します。

  • Postfix: milterとのやりとりのタイムアウト時間を150秒にする
  • milter-greylist: 125秒のtarpitに耐えた接続をホワイトリストに入れる

milter managerの設定を変更することがない点に注意してください。milter managerは環境にあわせて適切なデフォルト値を使うので、システム管理の手間を減少することができます。

Postfixは/etc/postfix/main.cfに以下の行を追加してください。

/etc/postfix/main.cf:

milter_command_timeout = 150

設定を反映するために再起動します。

% sudo /etc/init.d/postfix restart

milter-greylistは/etc/milter-greylist/greylist.confを以下のように変更します。

変更前:

racl greylist default

変更後:

racl whitelist tarpit 125s
racl greylist default

125秒のtarpitに耐えたらホワイトリスト、耐えられなかったらgreylistで救済という動作が自然に書けています。

設定を反映するために再起動します。

% sudo /etc/init.d/milter-greylist restart

最後に、milter-managerに設定の変更を検出させるために再起動します。設定の変更は必要ありません。

% sudo /etc/init.d/milter-manager restart

milter-managerの設定内容を確認すると、milter-greylistのタイムアウト時間が135秒となっているのがわかります。

% sudo /usr/sbin/milter-manager -u milter-manager --show-config
...
define_milter("milter-greylist") do |milter|
  ...
  milter.writing_timeout = 135.0
  milter.reading_timeout = 135.0
  ...
end
...

135秒は「デフォルトのタイムアウト時間10秒」と「milter-greylistのtarpit時間125秒」を足し合わせた時間です。これはmilter-managerが自動で検出します。

これで、milterによるtaRgrey環境が完成です。

まとめ

tarpit対応のmilter-greylistがリリース(ただし開発版)されたので、milter managerとmilter-greylistを組み合わせてtaRgreyを実現する方法を紹介しました。

milter managerもmilter-greylistもどちらも開発版を使用しているので、まだ本番環境への投入は早いですが、Debianパッケージがあるので比較的簡単に試せるようになっています。検証など興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。問題があった場合は、それを報告し、安定版リリース時には問題が解決されているようにしたいですね。

*1 次のリリースで公開する予定

2009-10-06

«前の記事: Ruby/groonga 0.0.7 最新記事 次の記事: 入門GTK+»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|