株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Cutter 1.1.3リリース

C・C++言語用の単体テストフレームワークCutterのバージョン1.1.3をリリースしました。

ハイライト

今回のリリースではデータ駆動テストのサポートを強化しています。サポートしている型が増えたので、これまで以上にテストデータを作りやすくなっています。

例えば、このようにテストデータを作ることができます。

1
2
3
4
5
gcut_add_datum("normal case",
               "expected", G_TYPE_CHAR, 'e',
               "input", G_TYPE_STRING, "Cutter",
               "n", G_TYPE_UINT, 4,
               NULL);

詳しくはリファレンスマニュアルの便利なテストデータ用API - gcut_add_datum()あたりを見てください。

Cutterユーザ(徐々に)増加中

Cutterが今のようなGLibベースの作りになってから2年半くらい経ちますが、徐々にユーザが増えてきました。最近、nfc-toolsという近距離無線通信(NFC)用のツールを開発しているオープンソースプロジェクトでも使われているのを見つけました。

groongaもCutterを採用しているプロジェクトで、Cutterのカバレッジ支援機能なども使っています。groongaプロジェクトではCutterが提供している支援機能だけではなく、コミットした人毎のカバレッジ率などもグラフ化して公開しています。今後のリリースで、Cutter本体がこのような見せ方を支援する機能を提供したいですね。

まとめ

Cutter 1.1.3の目玉機能とCutter採用プロジェクトについて紹介しました。

C・C++のプロジェクトで使うテスティングフレームワークを探しているならCutterも検討してみてはいかがでしょうか。

タグ: Cutter
2010-04-14

«前の記事: Muninプラグインの作り方 最新記事 次の記事: Ruby 1.8.7/1.9.1どちらでも使えるWindows用バイナリ入りgemをDebian GNU/Linux上で作る方法»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|