株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


エキスパートPythonプログラミング

数ヶ月前、すでにPythonを知っている人向けのPythonの本が出版されました。オリジナルは2008年に海外で出版されたもので、これはその翻訳です。

エキスパートPythonプログラミング
Tarek Ziade/稲田直哉/渋川よしき/清水川貴之/森本哲也
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
¥ 33,482

内容

さらにステップアップしたいPython開発者向けの内容なので、構文の説明など初級者用の内容はなく*1、どうやってPythonを使うのがよいかを書いてあります。プログラミングだけではなく、開発全体を意識しているのが実務的といえます。パッケージを作り方を説明するところでも、単にEggを作るだけではなく、PyPIに登録するところまで説明しています。他にもよい名前について1章使ったり、テスト駆動開発に1章使ったりと、しっかりと大事な話題はおさえています。ドキュメントについての章があるのもPythonらしいですね。

ただし、幅広く扱っている分、少し物足りない部分もあります。例えば、テスト駆動開発の部分は標準添付のunittestよりもnoseの方により重みをおいて説明した方がより実務的でしょう。

一番有用なのは付録のPython 2とPython 3のUnicode文字列についてまとめたところかもしれません。この部分は日本語版用に翻訳者たちが書き下ろしたもので、マルチバイト文字列を扱う機会の多い日本のPython開発者には特に有用でしょう。Python 2とPython 3は互換性がないため、文字列の扱いを移行するときにこの付録が役に立つことでしょう。

また、オリジナルが出版されてから現在までにPython界隈の状況も変わってきていますが、それについて訳注で補足されているのもうれしいところでしょう。新しく書くコードでは最新の状況にあわせたコードにしたいものです。

まとめ

エキスパートPythonプログラミングの内容を簡単に紹介しました。

エキスパートPythonプログラミングではまったく触れられていませんが、単体テストフレームワークはunittestやnoseよりもPikzieがオススメです。

*1 むしろ最初にインストール方法があるのが違和感。ただ、MinGWなどもインストールするように書いてあるので、初心者用ではない。

2010-07-20

«前の記事: Rails 3.0 beta4でDeviseを使ってOpenID認証 最新記事 次の記事: サーバ上でPDFやオフィス文書からテキストを抜き出す方法あれこれ»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|