株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Fluentd Sinkを用いてApache Flume NGからFluentdへレコードを出力するには

はじめに

クリアコードではFluentdというソフトウェアの開発に参加しています。Fluentdはログ収集や収集したデータの分配・集約などを行うソフトウェアです。

また、fluent-loggerと呼ばれるFluentdへデータを転送出来る実装が各言語で公開されています。

同じようなログ収集や収集したデータ分配・集約のソフトウェアとして、Apache Flume NGというものもあります。

Apache Flume NGにはデータの入力とデータの出力のAPIが公開されており、プラグインを実装することが可能です。 Apache Flume NGの場合はそれぞれ入力がSource、出力がSinkと呼ばれています。

Flume NGのSinkについて

FluentdのようにApache Flume NGに対してもサードパーティがプラグインを公開しています。 ただし、サードパーティのプラグインはJVMで動き、Flume NGのjarが公開しているAPIを使用できる言語なら好きなものを使う事ができます。 中にはFlumeの実装に使われているJavaではなくScalaで実装されたFlume NGプラグインも存在します。

FlumeのSinkでは次のメソッドを実装することが必要です。

public void start(); // @Override org.apache.flume.AbstractSink's start()
public void stop(); // @Override org.apache.flume.AbstractSink's stop()
public void process(); // @Override org.apache.flume.Sink's process()
public void configure(); // Implement org.apache.flume.conf.Configurable 

そのほか、トランザクションを使う時にはorg.apache.flume.Transaction をimportし、チャンネル毎のトランザクションを発行する必要があったり、org.apache.flume.Sink にある Status 定数を用いて、トランザクションが成功すれば READY、失敗であれば BACKOFF とするように書きます。

Fluentd Sinkの作成

Apache Flume NGはJavaで実装されている上に、特段他の言語を採用する理由が見当たらなかったのでJavaで実装しました。また、ビルドツールにはGradleを使用しました。 リポジトリはこちらです。

Javaのfluent-loggerにはfluent-logger-javaが存在しますが、より速いと謳っているfluencyをfluent-loggerとして用いる事にしました。

FlumeのSinkとして作成をしてみると以下の利点がある事が分かりました。

  • Sinkの中でTransactionが発行出来る
  • Transactionが発行出来るため、FlumeのconfでtransactionCapacityで指定した分だけトランザクションを実行出来る

という点です。このため、設定によっては安全に転送する事が出来ます。

使い方

ほとんどREADMEに書いていますが、Flume NGの${FLUME_HOME}/lib 以下に gradle shadowJar を実行して作成されたflume-ng-fluentd-sink-${version}-all.jarを配置し、confを書くだけです。 0.0.1のリリースタグを打ってあるので、このv0.0.1 リリースページからflume-ng-fluentd-sink-0.0.1-all.jarをFlume NGの${FLUME_HOME}/lib 以下に配置することでも使う事ができます。

おわりに

Flume NGを使っていて、Fluentdに送れる機能が欲しいなぁという方にはぜひ試して頂きたいです。そうでなくてもJavaでこうした方が良いですよ、というものでもPRして下されば取り込みますのでよろしくお願いします。

タグ: Fluentd
2015-12-02

«前の記事: Apache Flume NGへFluentdからレコードを送るには 最新記事 次の記事: \_\_noSuchMethod\_\_をES6 Proxyで代替する方法»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|