株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Groongaがキャッシュしている内容を確認する方法

はじめに

Groongaにはcache_limitというコマンドがあります。 cache_limit を使うと、最新のN件の select コマンドの結果をキャッシュさせることができます。

しかし、実行した select コマンドをキャッシュしたのかどうかや、今どんな内容がキャッシュされているかについてはわかりません。 そこで、今回はプラグインを導入することで、簡単にGroongaのキャッシュの中身を覗く方法を紹介します。

プラグインをインストールしよう

/usr/local 以下にGroongaをインストールしてあるという前提で説明します。

% git clone https://github.com/kenhys/groonga-plugin-grncache.git
% cd groonga-plugin-grncache.git
% ./autogen.sh
% ./configure --with-groonga-source-dir=PATH_TO_GROONGA_SOURCE_DIRECTORY
% make
% sudo make install

PATH_TO_GROONGA_SOURCE_DIRECTORY にはソースアーカイブのパスを指定します。*1

この記事を書いている時点では、Groonga 5.0.4が最新ですので、もし /tmp 以下にソースアーカイブを展開しているなら、configure の指定は次のようにします。

% ./configure --with-groonga-source-dir=/tmp/groonga-5.0.4

インストールまで完了すると、/usr/local/lib/groonga/plugins/grncache/grncache.so が存在するはずです。

古いバージョンのGroongaと一緒に試す場合、Groonga 3.0.8*2以降であればこのプラグインが動作するはずです。この制限はGrncacheが使用しているAPIが3.0.8以降に追加されたためです。

キャッシュの中身を覗いてみよう

プラグインを登録する

実際にキャッシュの中身を覗いてみるまえに、プラグインを登録しておきましょう。

プラグインの登録には plugin_register コマンド *3 を実行します。 Groongaを対話的に起動している場合は次のようにします。

> plugin_register grncache/grncache

HTTPサーバーとして起動している状態なら、次のようにします。

% curl http://localhost:10041/d/plugin_register?name=grncache/grncache
動作確認用のデータを登録する

動作を確認するのに、サンプルとなるデータを登録しておきましょう。次のコマンドをGroongaの対話モードで実行します。

> table_create Site TABLE_HASH_KEY ShortText
> column_create --table Site --name title --type ShortText
> load --table Site
[
{"_key":"http://example.org/","title":"This is test record 1!"},
{"_key":"http://example.net/","title":"test record 2."},
{"_key":"http://example.com/","title":"test test record three."},
{"_key":"http://example.net/afr","title":"test record four."},
{"_key":"http://example.org/aba","title":"test test test record five."},
{"_key":"http://example.com/rab","title":"test test test test record six."},
{"_key":"http://example.net/atv","title":"test test test record seven."},
{"_key":"http://example.org/gat","title":"test test record eight."},
{"_key":"http://example.com/vdw","title":"test test record nine."},
]
キャッシュされたかを確認する

キャッシュの状態を確認するには、grncache status を実行します。

> grncache status
[[0,1435303725.13405,0.000181674957275391],{"cache_entries":0,"max_cache_entries":100,"cache_fetched":0,"cache_hit":0,"cache_hit_rate":0.0}]

それぞれの項目の内容は次の通りです。

項目 説明
cache_entries キャッシュされた検索結果の数
max_cache_entries キャッシュ可能な検索結果の最大数。cache_limit で変更できる
cache_fetched キャッシュを参照した回数。select を実行するたびに増加する
cache_hit キャッシュにヒットした回数
cache_hit_rate キャッシュにヒットした割合 (cache_hit/cache_fetchedで算出される)

初期状態なので max_cache_entriesを除いてすべて0です。

キャッシュの中身をダンプすることもできます。それには、grncache dump を実行します。初期状態なのでこちらも0件です。

> grncache dump
[[0,1435303923.9083,8.46385955810547e-05],[[0]]]

では、select コマンドを実行してみましょう。

> select Site
[[0,1435303997.02583,0.000574111938476562],[[[9],[["_id","UInt32"],["_key","ShortText"],["title","ShortText"]],[1,"http://example.org/","This is test record 1!"],[2,"http://example.net/","test record 2."],[3,"http://example.com/","test test record three."],[4,"http://example.net/afr","test record four."],[5,"http://example.org/aba","test test test record five."],[6,"http://example.com/rab","test test test test record six."],[7,"http://example.net/atv","test test test record seven."],[8,"http://example.org/gat","test test record eight."],[9,"http://example.com/vdw","test test record nine."]]]]

grncache status を実行してみると、cache_entries が 1に増え、select Site の結果がキャッシュされたことがわかります。

> grncache status
[[0,1435304001.04143,0.000191450119018555],{"cache_entries":1,"max_cache_entries":100,"cache_fetched":1,"cache_hit":0,"cache_hit_rate":0.0}]

キャッシュの中身をダンプしてみましょう。

> grncache dump
[[0,1435304009.74493,0.000130653381347656],[[1],[{"grn_id":1,"nref":0,"timeval":"2015-06-26 16:33:17.025827","value":"[[[9],[[\"_id\",\"UInt32\"],[\"_key\",\"ShortText\"],[\"title\",\"ShortText\"]],[1,\"http://example.org/\",\"This is test record 1!\"],[2,\"http://example.net/\",\"test record 2.\"],[3,\"http://example.com/\",\"test test record three.\"],[4,\"http://example.net/afr\",\"test record four.\"],[5,\"http://example.org/aba\",\"test test test record five.\"],[6,\"http://example.com/rab\",\"test test test test record six.\"],[7,\"http://example.net/atv\",\"test test test record seven.\"],[8,\"http://example.org/gat\",\"test test record eight.\"],[9,\"http://example.com/vdw\",\"test test record nine.\"]]]"}]]

[[1], [{"grn_id":1,"nref":0,"timeval":...,"value":... という箇所があるのがわかります。 [1] というのがキャッシュエントリの数です。 "value":... というのがキャッシュされた検索結果です。先程実行した select Site と結果が一致していることがわかります。

もう一度同じ検索をした後だとどうなるでしょうか。

> grncache status
[[0,1435304396.55938,0.000149011611938477],,{"cache_entries":1,"max_cache_entries":100,"cache_fetched":2,"cache_hit":1,"cache_hit_rate":50.0}]

予想通り、cache_fetchedcache_hit が増え、キャッシュヒット率が 50% となりました。同じ検索なので、キャッシュ済みの内容をそのまま返してきたことがわかります。

まとめ

Groongaがキャッシュしている内容をプラグインを使って確認する方法を紹介しました。 今どんな内容がGroongaによってキャッシュされているのかを確認したいときには参考にしてみてください。

*1 GrncacheはGroongaの内部構造に強く依存しているため、ソースコードを参照する必要があります。

*2 ちなみにGroonga 3.0.8がリリースされたのは、2013年9月29日のこと。

*3 Groonga 5.0.0以前の場合には register コマンド

タグ: Groonga
2015-06-26

«前の記事: SharetaryのためのGitHubアクティビティ定点観測の設定・改 最新記事 次の記事: WerckerのDockerバックエンドを使ってCentOS向けCIをするには»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|