株式会社クリアコード > ククログ

ククログ

«変更禁止のオブジェクトの一部のメソッドだけをES6 Proxyでオーバーライドする方法 最新 pglogicalとPGroongaを使ったレプリケーション対応の高速日本語全文検索可能なPostgreSQLクラスターの作り方»
タグ:

第1回 法人向けFirefox導入セミナーで発表を行いました

2016年3月16日、Mozilla Japan主催の法人向けFirefox導入セミナーでFirefoxの法人利用についての紹介を行いました。

発表資料はGitHubの発表資料のリポジトリにてPDFを公開しています。 また、PDF版ではリンクになっていない参考情報などについてはMarkdown形式の元ファイルをご参照下さい。

Firefoxの法人向けカスタマイズメニューについて

発表の中で、法人利用で頻出の設定項目を一覧にしたカスタマイズメニューをご紹介しました。

Firefoxはカスタマイズ性の高さが特長の製品ですが、「なんでもできます」と言われても普通は途方に暮れてしまいますし、実際に法人で利用する場面では、行いたいカスタマイズの内容はある程度パターン化されています。 そこでクリアコードでは、業務の効率化を兼ねて、カテゴリ別にカスタマイズ項目とその実現方法を整理したカスタマイズメニューを作成・利用しています。

こちらも発表資料と同様にGitHubで公開しており、全設定項目の一覧はOpenDocument Formatのファイルとしてダウンロードしていただけます。 また、発表では触れませんでしたが、各カスタマイズ項目の検証手順のドキュメント(※現状では未完成)や、検証用のテストケース群もあります。

設定項目の一覧のODSファイルには、以下の3つのシートが含まれています。

  • 全般的な設定項目の一覧(メタインストーラの設定を含む)
  • キーボードショートカットやメニュー項目のON/OFFに関する設定の一覧
  • その他のUI項目の非表示化に関する設定の一覧

それぞれの設定項目には、設定項目の識別用のIDと共に、簡単な説明と、各選択肢の具体的な反映方法を記してあります。 ここに書かれている内容に従ってMCD用の集中管理用設定ファイルglobalChrome.css用のスタイルシートファイルを作成すれば、それらのカスタマイズが反映された状態のFirefoxを迷い無く作る事ができます。

リポジトリにあるファイルは一般的な内容になっており、実際の業務では、ここからお客様ごとのニーズに合った選択肢を選び出して使用しています。 現在はちょうどFirefox 38ESRからFirefox 45ESRへの更新が発生している時期なので、その過程で得られた知見を随時フィードバックしつつ、各項目や対応する検証手順をアップデートしているという段階です。

検証が完了していない箇所については、内容に間違いや見落としがある可能性がありますので、その場合はもし宜しければissueでの指摘やプルリクエストを頂けましたら幸いです。

カスタマイズのデモンストレーション用メタインストーラについて

発表の中で、実際のメタインストーラを実行してカスタマイズ済みのFirefoxをインストールする様子をご紹介しました。 こちらの実際のファイルもGitHubリポジトリのリリースの一部として公開しています

ただし、Firefoxのインストーラそのものの再配布はできないため、実際には「メタインストーラ作成キット一式」の状態の物をアップロードしています。 こちらのZIP形式のファイルを展開すると「FxDemoInstaller-source」というフォルダが取り出されます。この中の「resources」フォルダにFirefox 45ESRのインストーラの実行ファイルをコピーして、「FxDemoInstaller.bat」というバッチファイルを実行する事で、最終的なインストーラの実行ファイル「FxDemoInstaller-45.0.exe」が作成されます。 この「FxDemoInstaller-45.0.exe」をWindowsクライアントにコピーして実行することで、カスタマイズ済みのFirefoxが実際にインストールされます(それ以外のファイルはコピーしなくても大丈夫です)。

このデモ用メタインストーラで行われているカスタマイズ内容は、上記のカスタマイズメニューからいくつか項目をピックアップして作成しています。 カスタマイズの適用方法の例として参考にして下さい。

カスタマイズメニューとメタインストーラのご利用上の注意

上記のカスタマイズメニューとメタインストーラは、自社内での展開用などにそのままお使いいただいて問題ありません。 ただし、内容については無保証となります。

期待通りの結果を得られないなどのトラブルへの対応、個別の環境に合わせるための調査・修正、既存の項目でカバーされていないカスタマイズのご相談などについては、クリアコードのMozillaサポートサービス(有償)のご利用をご検討下さい。

次回のセミナーについて

この法人向けセミナーは毎月第3水曜日の定期開催となっており、次回は4月20日を予定しています。 参加登録はDoorkeeperのMozillaグループから行うことができ、開催会によっては事前登録時のアンケートで、あらかじめセミナーで聞きたい内容をリクエストすることもできるようになる予定です。 Firefoxの法人利用についてピンポイントで不明な点がある場合には、その旨をお伝えいただければ幸いです。

また、次回開催時には15時から16時までと17時から18時までを個別相談の時間として会場を開放し、セミナーは16時から17時の開催とする予定です。 セミナーの質疑応答で大々的には質問できないことでお困りの場合には、個別相談の時間にご相談頂くこともご検討ください。

以上、Mozilla Japanの第1回法人向けFirefox導入セミナーの発表内容の補足と、次回セミナーのご案内でした。

つづき: 2017-01-05
タグ: Mozilla
2016-03-17

«変更禁止のオブジェクトの一部のメソッドだけをES6 Proxyでオーバーライドする方法 最新 pglogicalとPGroongaを使ったレプリケーション対応の高速日本語全文検索可能なPostgreSQLクラスターの作り方»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|
タグ:
RubyKaigi 2015 sponsor RubyKaigi 2015 speaker RubyKaigi 2015 committer RubyKaigi 2014 official-sponsor RubyKaigi 2014 speaker RubyKaigi 2014 committer RubyKaigi 2013 OfficialSponsor RubyKaigi 2013 Speaker RubyKaigi 2013 Committer SapporoRubyKaigi 2012 OfficialSponsor SapporoRubyKaigi 2012 Speaker RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer badge_speaker.gif RubyKaigi2010 Sponsor RubyKaigi2010 Speaker RubyKaigi2010 Committer
SapporoRubyKaigi02Sponsor
SapporoRubyKaigi02Speaker
RubyKaigi2009Sponsor
RubyKaigi2009Speaker
RubyKaigi2008Speaker