株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Firefox 57以降での従来アドオン廃止を踏まえたFirefoxの企業利用での対策について

Firefox 57では従来形式のアドオンがすべて無効化され、Firefox 52移行で既に使用可能になっている新方式のアドオンのみが有効になります。 この事がFirefoxの企業・法人利用に与える影響とその対策についてご案内します。

ESR版での影響

Firefoxの製品ラインナップには、約1.5ヶ月ごとに更新されメジャーバージョンが繰り上がっていく一般向けの「通常リリース版」と、1年ほどの間メジャーバージョンが固定されセキュリティアップデートだけが提供され続ける「ESR版」とがあります。

現在の通常リリース版の最新版はFirefox 56.0、ESR版の最新版はFirefox 52.4.0ESRです。 ESR版の次のメジャーアップデートはFirefox 59との同時リリースが予定されており、それまでの間は引き続き52.5.0ESR、52.6.0ESRといったセキュリティアップデートが提供される見込みです。 そのため、ESR版をお使いの場合には今すぐ対策を取る必要はありません。

ただし、Firefox 59ESRでは従来アドオンが無効化されるという事は確定事項なので、いざその時が来ても慌てずに済むように、今のうちから対策を検討しておくのが望ましいです。

アドオンによらないカスタマイズが受ける影響

Firefoxの企業利用においては、管理者が決めた設定を全クライアントに反映するための方法としてMCDが使われる事が多いでしょう。

現時点で判明している限りにおいては、MCDでのカスタマイズはFirefox 57以降のバージョンでも引き続き使用可能と考えられます。

ただし、Firefox 57以降のバージョンでは従来アドオンの無効化に伴い、従来アドオンとの互換性のために残されていたもののメンテナンスの負担となっていた内部的な古い機能・実装の削除が進められています。 MCDでは裏技的に Components.classes[...] といったコードによってFirefoxの内部機能へアクセスすることができていましたが、この方法で呼び出していた内部機能がFirefox 59ESRにおいては削除されている可能性があります。 その場合、代替する方法を調査してMCDの設定ファイルを更新しなくてはなりませんが、場合によっては代替手段がないため設定を諦めなくてはいけないかもしれません。 十分にご注意下さい。

アドオンによるカスタマイズが受ける影響

カスタマイズにアドオンを使用していて、そのアドオンがFirefox 57以降のバージョンに対応していない場合、当然ながらFirefox 59においてもそのアドオンは使用できません。 アドオンをFirefox 57以降の新仕様に対応したバージョンに更新するか、当該アドオンで行っていた変更を代替する他の方法でのカスタマイズに切り替える必要があります。

クリアコードではお客様向けのカスタマイズ用として多数のアドオンを開発・提供しています。 しかしながら、これらの中でFirefox 57以降のバージョンでも使用できるように更新された物はほとんどなく、また更新の可能性も極めて低いと言わざるを得ません。 これは従来のアドオンと新方式のアドオンとの根本的な差異に原因があります。

従来のアドオンはFirefoxの内部に自由に変更を加える事ができ、弊社提供のアドオンの多くは、この性質を使ってFirefoxに「使用を禁止したい機能を無効化・非表示にする」といった変更を加えていました。 (図:従来のアドオンの原理) その一方で、Firefox 57以降で使用可能な新方式のアドオンは、各アドオンを隔離された環境で動作させ、あらかじめ用意されたAPIを経由してのみFirefoxに影響を与えられるという仕組みになっています。 (図:新方式のアドオンの原理) そのため、「行いたい変更を実現するためのAPI」が提供されていない変更は不可能ということになります。

なお、新方式のアドオンで利用できるAPIにはNative Messagingという物もあり、「APIが提供されていない事でもこれを使えば実現できる」という触れ込みとなっています。 ですが、上記の理由でFirefox 57に対応できない弊社製アドオンの多くに対しては、残念ながらこの機能も解決策とはなりません。 Native Messaging Hostはアドオンとローカルアプリケーションとの間で通信ができるという物で、Firefoxの外の世界との連携によってできる事の幅は広がりますが、Firefox内部に対しては依然として何もできないままだからです。

使えなくなるアドオンの代替となるカスタマイズ方法

以上の理由から、アドオンへの依存度が高い場合ほど、Firefox 57以降での変更への対応には注意を要します。 運用上使用を禁止したい機能がある場合には、Firefox上では機能を無効化できないため、別の技術レイヤーで機能を停止・無効化しなくてはなりません。

現在公開中の企業利用向けカスタマイズのまとめでは、目的からカスタマイズの方法を逆引きできる形で資料を整備していますが、中にはカスタマイズにアドオンを必要とする項目も含まれています。 そのため各項目について調査を行い、現時点で代替手法が存在する物についてはその旨を追記し、代替手法が無い物はカスタマイズ項目としては廃止の扱いとするよう内容を更新しました。 (※この資料の内容は随時更新されていますので、必ずその時点での最新版をご参照いただくようご注意下さい。)

ただし、この資料には弊社サポートサービスをご利用になられているお客様の環境で必要となったために調査した範囲のカスタマイズ内容のみが記載されており、それ以外の未知のカスタマイズについては情報がございません。 この資料に記載がないカスタマイズを反映されていて、Firefox 57以降への対応に不安をお持ちの企業担当者様がいらっしゃいましたら、まずはお問い合わせフォームよりご相談下さい。

Firefox 57以降に対応済みのアドオンのご紹介:IE View WE

弊社サポートサービスをご利用のお客様の環境ではアドオン「IE View」の使用頻度が高いものの、このアドオン自体は長らく更新が停止されており、また代替となる他のアドオンでは管理者側で設定を制御できるものが無かったことから、弊社で独自にFirefox 57以降にも対応したクローン版であるIE View WEを開発・公開しています。

従来バージョンのIE Viewとの差異として、URLのリストの形式に互換性が無い点にご注意下さい。 IE View WEでは、URLのリストはFirefoxのアドオンで一般的に使用されるマッチパターンのリストとして解釈されます。 従来バージョンでは http://www.example.com のようにホスト名までのみの指定でも機能しますが、IE View WEではhttp://www.example.com/* のように明示的にワイルドカードを使用してマッチパターンとして記載する必要があります。

Native Messaging Hostのインストール

IE View WEは前述のNative Messaging Hostを使用して外部アプリケーションを起動するという動作を実現しているため、使用にあたっては別途専用のNative Messaging Hostのインストールが必要です。 GitHubのリリース一覧ページからieview-we-host.zipをダウンロードして展開し、install.batを管理者として実行すると実行ファイルがインストールされます。 (一般ユーザーとして実行した場合、そのユーザーでのみ使用可能な状態でインストールされます。ご注意下さい。)

管理者による設定の提供

Firefox 57以降のバージョンで使用可能なManaged Storage機能を通じて、管理者が固定の設定を提供することができます。 GitHubのリリース一覧ページからieview-we-managed-host.zipをダウンロードして展開し、install.batを管理者として実行すると設定ファイルがインストールされます。 (一般ユーザーとして実行した場合、そのユーザーでのみ参照可能な状態でインストールされます。ご注意下さい。) ファイルのインストール前にieview-we@clear-code.com.jsonを編集してdata配下に以下の情報を設定すると、それがそのままIE View WE用の設定となります。

  • ieapp (文字列値, IEの実行ファイルのパス)
  • ieargs (文字列値, IEの起動時に指定する追加の引数)
  • forceielist (文字列値, URLのマッチングパターンの空白文字区切りのリスト)
  • disableForce (真偽値, forceielist`で与えられたリストの無効化)
  • contextMenu (真偽値, コンテキストメニュー項目の有効化)
  • debug (真偽値, デバッグログ出力の有効化)

また、Firefox 56以前のバージョン向けとして、MCDの設定ファイルから設定を読み取る機能もあります。 MCD用設定ファイルの以下の設定項目がある場合、それぞれ対応する設定に反映されます。

  • extensions.ieview.ieapp
  • extensions.ieview.ieargs
  • extensions.ieview.forceielist
  • extensions.ieview.disableForce
  • extensions.ieview.contextMenu
  • extensions.ieview.debug

ただし技術的な制限のため、設定ファイルの配置場所や内容、使用状況によっては設定をインポートできない場合があります。 悪しからずご了承下さい。

まとめ

以上、Firefox 59ESRを見据えたFirefox 57以降のバージョンでのアドオンの仕様変更に伴う企業利用上の注意点とその対策、およびFirefox 57以降でも使用可能なIE ViewのクローンであるIE View WEについてご紹介しました。

クリアコードではFirefoxの企業での利用に際してのカスタマイズのご案内、導入支援、発生したトラブルの原因究明、対策の調査等をサポートサービスとして行っております。 これらの事でお困りの企業担当者様がいらっしゃいましたら、お問い合わせフォームよりご相談下さい。

タグ: Mozilla
2017-10-05

«前の記事: データ分析基盤構築入門 最新記事 次の記事: PHPカンファレンス2017 - PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム - OSS Gate東京ワークショップ #phpcon2017»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|