株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Debian SourcesのAPIを使ってパッチが数多く適用されているパッケージを調べるには

はじめに

今年もAdvent Calendarの季節になりましたね。

Debsources now in sources.debian.orgと題したメールにて、https://sources.debian.org/ というサイトの公開がアナウンスされました。

従来 sources.debian.net ドメインで稼働していたものが、Debian公式として提供されるようになりました。

Debian Sourcesについては、さっそく解説している記事もあります。

今回は、Debian Sourcesにて提供されているAPIの使用例として、よく使われているパッケージにどれくらいパッチが当てられているのかを調べてみることにします。

API に関しては API Documentation があるのでそちらを参考にしました。APIにアクセスするために特別な認証は必要ありません。

パッケージリストを取得する

パッケージリストについては https://sources.debian.org/api/list からJSONのレスポンスを取得することができます。

prefix つきでパッケージリストを取得することもできるようです。

よく使われているパッケージを調べる

よく使われているパッケージについては、 Debian Popularity Contestの結果を利用しました。

例えば、 main カテゴリなら https://popcon.debian.org/main/by_inst にアクセスするとどれだけインストールされたかという値を取得できます。

今回は取得したパッケージリストをすべて調べ上げることはせず、10000回以上インストールされているパッケージのみをフィルタする目的で使いました。

パッケージごとにパッチのリストを取得

パッチファイルのリストは https://sources.debian.org/patches/api/(パッケージ名)/latest でJSONのレスポンスを取得できます。

例えば、 systemd のパッチリストを取得するなら https://sources.debian.org/patches/api/systemd/latest にアクセスします。

パッチ適用状況のランキング

2017年12月18日現在のパッチ適用状況を元にしています。 main カテゴリのうち、popconで10000回以上インストールされており、パッチの適用数が多いもの上位50件リストアップした結果は以下のとおりです。

No. Package Patch
1 systemd 59
2 imagemagick 56
3 libxml2 55
4 php5 52
5 gnupg2 51
6 cups 50
7 bash 50
8 php7.0 47
9 mutt 46
10 perl 46
11 thunderbird 42
12 python3.5 38
13 w3m 37
14 ppp 36
15 python3.6 35
16 firefox-esr 33
17 libreoffice 31
18 iceweasel 31
19 openssl 30
20 procmail 30
21 wireshark 28
22 bsd-mailx 27
23 ispell 26
24 fortune-mod 26
25 cinnamon 25
26 texlive-base 23
27 festival 22
28 ntp 21
29 network-manager 20
30 pm-utils 20
31 blt 20
32 util-linux 20
33 transfig 19
34 groff 19
35 sysvinit 18
36 ruby1.9.1 17
37 cpio 17
38 samba 17
39 pulseaudio 17
40 rpm 17
41 open-vm-tools 17
42 parted 16
43 arj 16
44 nodejs 16
45 clamav 16
46 xsane 16
47 tmux 15
48 libsoftware-license-perl 15
49 exim4 15
50 tcpdump 15

まとめ

今回は、Debian Sources というサイトのAPIの使い方を紹介しました。 単純なAPIですが、他の情報と組み合わせると「よく使われているパッケージのうち、パッチの適用数が多いもの」をリストアップしてみたりすることもできます。

この記事を書いている時点では、まだパッチに関してDEP3の情報をレスポンスに含めるようにはなっていないようです。*1

DEP3の情報が含まれていると、「Forwarded」という「このパッチはアップストリームに報告されているか?」といった情報を調べて、まだ報告されていないなら報告しよう、といったことがやりやすくなります。*2

今後そういった情報も含まれるともっと活用の幅が広がるかもしれません。

*1 DEP3の情報が含まれていたら、まだアップストリームに報告していないパッチをたくさん抱えているパッケージをリストアップすることができた。

*2 sources.debian.org の各パッケージの debian/patches フォルダを確認するのが手っ取り早そうです。

2017-12-18

«前の記事: Firefoxを意図的にクラッシュさせる方法(2017年版) 最新記事 次の記事: Firefoxのクラッシュレポートの解析結果の読み方»
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|