株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Fluentd v0.14.13で追加されたコマンドのご紹介

Fluentd v0.14.13が2017-02-27にリリースされていました。新しいコマンドが2つ追加されたのでご紹介します。

  • fluent-plugin-config-format
  • fluent-plugin-generate

fluent-plugin-config-format

プラグインの設定をいくつかのフォーマットで出力するコマンドです。 README.mdを書くのを楽にしたりコマンドラインからプラグインの設定値の意味を調べるためのものです。 Fluentd v0.12.16でプラグインの設定をコマンドラインから確認する方法で紹介したものの実装を改善して使いやすくしました。

$ fluent-plugin-config-format --help
Usage: fluent-plugin-config-format [options] <type> <name>

Output plugin config definitions

Arguments:
        type: input,output,filter,buffer,parser,formatter,storage
        name: registered plugin name

Options:
        --verbose                    Be verbose
    -c, --compact                    Compact output
    -f, --format=FORMAT              Specify format. (markdown,txt,json)
    -I PATH                          Add PATH to $LOAD_PATH
    -r NAME                          Load library
    -p, --plugin=DIR                 Add plugin directory

以下のコマンドは同じ意味です。

$ fluentd --show-plugin-config input:tail
$ fluent-plugin-config-format --format=txt input tail

plugin helperや Fluent::Plugin::Output の設定についてはdocs.fluentd.orgへのリンクにしたいところですが、2017年2月某日時点ではまだページがないので、リンクを生成することができていません。 ドキュメントが書かれたら、リンクを追加したいと考えています。

fluent-plugin-generate

新規プラグインを開発するときに使用するテンプレートを生成するためのコマンドです。 これまでは、既存のプラグインからコピーしたり、公式のドキュメントからコピーしたりしていましたが、このコマンドを使うことによって、これまでよりも簡単にプラグインの雛形を生成することができるようになりました。

$ fluent-plugin-generate --help
Usage: fluent-plugin-generate [options] <type> <name>

Generate a project skeleton for creating a Fluentd plugin

Arguments:
        type: input,output,filter,parser,formatter
        name: Your plugin name

Options:
        --[no-]license=NAME          Specify license name (default: Apache-2.0)

例えば、Zulipに出力するプラグインを作成するときは以下のように利用します。

$ fluent-plugin-generate output zulip
License: Apache-2.0
        create Gemfile
        create README.md
        create Rakefile
        create fluent-plugin-zulip.gemspec
        create lib/fluent/plugin/out_zulip.rb
        create test/helper.rb
        create test/plugin/test_out_zulip.rb
Initialized empty Git repository in /tmp/fluent-plugin-zulip/.git/

このように、必要なファイルが一通り生成されるのですぐに開発を始めることができます。 ユニットテストにはFluentd本体と同じ test-unit を使用しています。 ただし、このコマンドではFluentd v0.12以前のAPIを使用したプラグインを開発するためのファイルを生成することはできません。

fluent-plugins-nursery/fluent-plugin-zulip はこのコマンドを使用して開発を始めました。 README.mdのConfigurationの項は fluent-plugin-config-format を使用して生成しました。

まとめ

Fluentd v0.14.13で追加された2つの新しいコマンドについて紹介しました。 他の変更点についてはChangeLogを参照してください。

タグ: Fluentd
2017-03-09

«OSS Gate大阪ワークショップ2017-02-25を開催 #oss_gate 最新 MozillaのBugzillaへのパッチのsubmitのやり方»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|
タグ: