株式会社クリアコード > ククログ

ククログ

«Firefox 62で修正されたFirefox 61での後退バグに見る、不要なコードを削除する事の大切さ 最新 Groongaクラッシュ時のログの解析方法»
タグ:

Fluentd UIのFluentd v1対応のロードマップ

fluentd-uiというFluentdの設定を管理できるWebアプリケーションがあります。 Fluentd v1 がリリースされる前から機能の追加やFluentdの新しい機能への対応はされていませんでした。

手を入れる前は、以下のような状態でした。

  • Rails 4.2.8
  • Fluentd v0.12
  • Vue.js v0.11.4
  • sb-admin-v2
  • filter非対応
  • label feature非対応
  • systemd非対応
  • reload非対応
  • Fluentd v1に対応していないプラグインがおすすめプラグインに載っている

2018年4月中旬から手を入れ始めて、新しいバージョンをいくつかリリースしました。

  • v0.4.5
    • 約一年ぶりのリリース
    • Rails 4.2.10に更新
    • 使用しているgemを一通り更新
    • poltergeistからheadless chromeに移行
  • v1.0.0-alpha.1
    • Rails 5.2.0に更新
    • Fluentd v1のサポートを開始し、Fluentd v0.12以前のサポートをやめた
    • Vue.js v2.5.16 に更新
    • startbootstrap-sb-admin 4.0.0 に更新
    • JavaScript まわりを sprockets から webpacker に移行 *1
  • v1.0.0-alpha.2
    • v1.0.0-aplha.1で動かない箇所があったのを修正した

今後の予定は以下の通りです。

  1. Fluent::Config::ConfigureProxy#dump_config_definitionで得られる情報を利用して、設定UIを構築する
  2. 複雑な設定を持つプラグインは個別にフォームを作成し、使いやすくする
  3. owned plugin (parserやformatterなど)の設定方法について検討し、実装する
  4. テストの修正
  5. filterサポート
  6. label featureサポート
  7. おすすめプラグインの更新
  8. issuesの対応

3まで完了したらalpha.3かbeta.1をリリースする予定です。

*1 CSSはsprocketsのまま

タグ: Fluentd
2018-06-08

«Firefox 62で修正されたFirefox 61での後退バグに見る、不要なコードを削除する事の大切さ 最新 Groongaクラッシュ時のログの解析方法»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|
タグ: