株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Windows Subsystem for LinuxでプレゼンツールのRabbitを動かす

皆さんはRabbitというプレゼンテーションツールをご存じでしょうか。2018年のRubyKaigiでのMatz氏によるKeynoteでも使われており、「名前は知らないが見た事はある」という方もいらっしゃるかもしれません。

RabbitはRubyで開発されており、Git等でバージョン管理しやすいMarkdown形式やRD形式などのプレーンテキスト形式でスライドを記述できたり、「スライドの進行割合」を表すウサギと「時間の経過度合い」を表すカメのアイコンでスライドの進行状況を把握できたりと、痒い所に手が届くツールです。

RabbitはWindowsでも動作するのですが、開発は主にLinux上で行われているため、Windows上では動作が不安定だったり表示が崩れたりと、期待通りの動作結果にならない場合があります。このような場面に出くわした場合、Windows上での動作を改善するためのフィードバックやパッチの作成に挑戦してみるいい機会なのですが、発表の日程が差し迫っているためそこに時間をかけられない、というような場合もあるでしょう。

一般的に、有志の個人開発者によって開発・メンテナンスされているフリーソフトウェアは、開発者自身が日常的に使っている環境に近い環境で最も安定して動作します。そういう意味では、仮想マシンを用意したり、使用していないPCを用意したりしてLinuxディストリビューションをインストールしたりという形をとるのが常道なのですが、この変形として、Windows 10であればWSL(Windows Subsystem for Linux)とWindows用のXサーバーを組み合わせるという方法が使えます。

以下、本記事での解説は、WSLのLinuxディストリビューションとしてUbuntuを使用している状況を前提とする事にします。

WSLでRabbitが動く理由

WSLは、Windowsのカーネルに対して、Linuxカーネルのように振る舞うための層を被せることで、UbuntuやFedoraなどのディストリビューションで提供されているビルド済みバイナリをそのまま動作させられるようにする技術です(動作イメージ、導入手順はまんがでわかるWSLなどをご覧ください)。

画面描画の基盤技術はWindowsとLinuxで顕著に異なる部分であるため、Windows向けにRabbitやその依存ライブラリ群を完全対応するのは非常に大変な作業です。しかし、WSLであれば基盤部分はLinux用の物がそのまま使われるため、Rabbitのように主にLinux上で開発されているGUIアプリは、「Windows用の移植版」を動かすよりも「WSL上でLinux用のオリジナル版」を動かした方が良い結果を得られる場合がままあります。

ただし、そのために1つだけ欠かせない物があります。それがWindows用のXサーバーです。

Windows Subsystem for Linuxで使えるXサーバー

X(X Window System)は、現在多くのLinuxディストリビューションで一般的に使われている、GUIを実現するための最も重要な基盤技術です。「物理的な画面をキャンバスとして管理し、各ウィンドウを描画する」「ユーザーのクリック操作やキー入力などの操作を一元的に受け付けて、情報を各アプリケーションに引き渡す」といった事を行う物なのですが、現在の所WSL上ではXサーバーは動作しません。何故かというと、WindowsはWindowsでXとは別の画面描画の仕組みを持っており、両方が同時に動作するとリソースの奪い合いになってしまう(マウスやキーの入力をWindowsが受け取ればXが受け取れなくなるし、Xがそれらを受け取ればWindowsが受け取れなくなる)からです。

そこで登場するのがWindows用のXサーバーです。これはWindowsアプリケーションの1つとして振る舞いつつ、一般的なXサーバーと同じ機能を提供する(アプリケーションがXに対して指示した位置にWindowsのウィンドウを開き、そのウィンドウに対して操作が行われた場合はXが操作を受け付けたものとしてアプリケーションに情報を引き渡す、という働きをする)物です。VcXsrv(※リンク先はダウンロードページ)はその代表的な例で、VcXsrvを起動しておき、WSL上のアプリケーションに対してVcXsrvをXサーバーとして使うよう指示する事により、WSL上のGUIアプリケーションがWindows上でも動作するようになります。

という事で、まずはリンク先のページのダウンロード用ボタンからVcXsvrのインストーラをダウンロードして、インストールしましょう。

VcXsrvを初めて起動すると、「Display settings」というタイトルのウィザードが表示されます。ここではとりあえず以下のように設定して下さい。

  1. 「Multiple Windows」を選んで、「次へ」を押す。
  2. 「Start no client」を選んで、「次へ」を押す。
  3. オプションは変えず、「次へ」を押す。
  4. 「完了」を押す。
  5. WindowsのファイアウォールがVcXsvrによるネットワーク接続に対して警告を出すので、接続を許可する。

初期設定を終えると、VcXsrvのアイコンがタスクトレイに表示されます。VcXsvrを使わないときは、このタスクトレイ上のアイコンから終了させておくと良いでしょう。

VcXsvrのアイコンがタスクトレイに表れている様子

Windows上のXサーバーを使うように、WSLの環境を設定する

Windows上でXサーバーが動作しているだけでは、WSL上のGUIアプリケーションは動作しません。WSL上のGUIアプリケーションに対して、Windows上のXサーバーを使うように指示する必要があります。これは以下のようにすれば実現できます。

  1. WSLのUbuntuが提供するBashを起動する。
  2. echo 'export DISPLAY=localhost:0,0' >> ~/.bashrc と実行する。
  3. exitでWSL上のBashを終了し、再度WSL上のBashを起動する。

この操作により、Bash起動時に読み込まれる初期化用の設定ファイルに、入出力用の画面としてWindows上のXサーバーが提供する仮想的な画面を使うように指示するための指定が追記され、それが反映された状態でBashが起動します。

Rabbitのインストール

Xサーバーの準備ができたら、いよいよRabbitのインストールです。Rabbitは、プラットフォームのパッケージ群と、RubyGemsのパッケージ群の2段階に分けてインストールする必要があります。

  1. Rabbitの実行に必要なパッケージ群をインストールする。 sudo apt install rubygems ruby-dev build-essential fonts-ipafont で一通りインストールされる。 (フォントはfonts-notoなど他の選択肢もありますが、行の高さの違いが原因で表示が崩れてしまう事があるので、安全のためにはfonts-ipafontをインストールする事をお勧めします。)
  2. Rabbitをインストールする。 sudo gem install rake rabbit で必要なGemパッケージ群が一通りインストールされる。
    • この時、Windowsのファイアウォールがgemコマンドによるネットワークへの接続に対して警告を出すので、明示的に許可を与える。

以上でRabbitのインストールは完了です。

スライドの作成と実行

Rabbit用のスライドは、前述したとおりRDやMarkdownなどの形式で作成できます。試しに、以下のような内容でファイルを作成し、Windowsのデスクトップ上にsample.mdのような名前で保存して下さい。文字エンコーディングや改行コードは自動判別されますが、安全のためにはLinux上で一般的な「UTF-8(BOM無し)、改行コードLF」を使用する事をお勧めします。

# Rabbitでプレゼン

subtitle
:   WSL上のRabbitで表示

author
:   自分の名前

institution
:   所属会社

allotted_time
:   45m

# 準備

 * Xサーバーのインストール
 * Rabbitのインストール

# おわり

ご静聴ありがとうございます

Markdownファイルができたら、ファイルを置いたディレクトリーに移動し、ファイル名を引数に指定してrabbitコマンドを実行しましょう。RabbitのウィンドウがWindows上で開かれ、スライドの1ページ目が表示されます。

$ cd /mnt/c/Users/(ログオン中のユーザーアカウント名)/Desktop
$ rabbit ./sample.md

WSL上のRabbitのウィンドウがWindowsのウィンドウとして表示されている様子

Rabbitのスライドは、Enterキーで次のページに進み、BackSpaceキーで前のページに戻ります。サンプルを見ると分かる通り、最大レベルの見出しがそのままスライドの各ページのタイトルになります。詳しくはMarkdown形式でのスライドの書き方を参照してください。

ウィンドウの最下部のウサギは現在スライドの何ページ目が表示されているかを示しています。allotted_timeで時間を指定してある場合(この例では「45分」という意味になります)、その時間に合わせてウィンドウの最下部をカメが進んでいくようになります。カメが先行していれば進行が遅れ気味、ウサギが先行していれば逆に走り気味という事になります。

Rabbitのスライド下部に表示されているウサギとカメ

まとめ

以上、Windows上でWSL経由でRabbitを動作させる手順をご紹介しました。

Rabbitのサイトでは、Rabbitで作成された様々なスライドの例が公開されています。どんなスライドを作れるのか、ぜひ参考にしてみて下さい。

タグ: Ruby
2018-07-27

«サポートエンジニアNight vol.3 最新 Go言語でつくるインタプリタ»
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
タグ: