株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Gecko Embedded: 60ESR対応のフィードバック

60ESR対応フィードバックの顛末

クリアコードでは Gecko(Firefox)を組み込み機器向けに移植する取り組みを行っています。

この対応にあたっては OSSystems/meta-browser というYoctoレイヤをフォークして作業を行っていますが、対応が落ちついたバージョンについてはアップストリーム(OSSystems/meta-browser)に成果をフィードバックしています。例えば52ESRへのメジャーバージョンアップの対応はクリアコードの成果が元となっています。

さて、60ESRへのメジャーバージョンアップ対応についてもフィードバックをしていたのですが、最後まで自分たちでは解決できなかった問題が一つありました。今回は、OSSにはこんなフィードバックの仕方もあるのだという事例として紹介したいと思います。

meta-rustへの依存

52ESRから60ESRへの更新にあたって一番大きな問題となったのが、Firefox本体にRustで書かれたコードが導入された点です。通常、Firefoxをビルドする際にはrustupというコマンドでツールチェーンを導入します。クリアコードで60ESRのYoctoへのポーティングを開始した当初も、Rustのツールチェーンについてはrustupで導入したものを使用していました。

しかし、Yoctoでは一貫したクロスビルド環境を提供するために、ツールチェーン類も全てYoctoでビルドするのが基本です。このため、RustのツールチェーンについてもYoctoでビルドした物を使う方がよりYoctoらしいと言えます。調べてみたところ、既にmeta-rustというYoctoレイヤが存在していることが分かりましたので、これを利用することとしました。

ターゲット環境用のlibstd-rsを参照できない問題

meta-rustへの対応作業を進めていく中で、Firefoxのビルドシステムがターゲット環境用のlibstd-rsを発見してくれないという問題に遭遇しました。しかし、我々はRustのビルドの仕組みには不慣れであったため、それがどこの問題であるかをはっきりと切り分けることができていませんでした。一方で、meta-rustでのビルドの際に、libstd-rsのみビルド済みのものを導入することで、ひとまずこの問題を突破できることが分かりました。

その他発生していた問題については解決することができ、Firefoxのビルドが全て通るところまでは到達しました。

上記の回避策が正しい修正方法ではないということは分かっていたのですが、ではどこでどう修正をするのが正しいのかという点については、少し調査をしてみた限りでは判断がつかない状態でした。時間をかければいずれは解明できるのは間違いないのですが、我々には他にも取り組まなければいけない問題が山積していたため、その時点では、これ以上時間をかけることはできませんでした。

ひとまずOSSystems/meta-browserに対しては「こういう問題があってまだ調査中だから、マージするのはもうちょっと待ってね」という形でpull requestを投げておきました。

未解決のままマージされる

ところがしばらくすると、 Yocto/Open EmbeddedプロジェクトのKhem Raj氏が、OSSystems/meta-browserのメンテナであるOtavio Salvador氏に働きかけ、上記のlibstd-rsの問題が未解決であるにも関わらず、このpull requestをmasterにマージしてしまいました。上記の回避策はmeta-rustにはマージされていませんので、そのままではビルドを通すことすらできません。私の目から見るとちょっとした暴挙にも見えたのですが、状況についてはKhem Raj氏にも間違いなく伝わっているので、何か算段があるのだろうということでしばらく経過を見守ることにしました。

あとから分かったのですが、ちょうどYoctoの次のリリース向けの開発が始まるタイミングであったため、とりあえずmasterにマージしてCIに組み込んでしまってからの方が問題に取り組みやすいという事情があったようです。しばらく時間はかかりましたが、無事Khem Raj氏から問題を解決するpull requestが投げられました。

我々の方ではmeta-rustとmeta-browserのどちらで対処すべき問題なのかすら切り分けることができていませんでしたが、meta-browserで対処すべき問題だったようです。

本事例の感想

今回の件については、以下のような懸念から、ともすればフィードバックを躊躇してしまいがちな事例ではないかと思います。

  • このような中途半端なpull requestを送ると、アップストリームの開発者から罵倒されたりはしないか?
  • 「この程度の問題すら自分たちで解決できていない」ということを晒すことになるので、恥ずかしいなぁ。

前者については、確かにプロジェクトによってはそのようなpull requestが歓迎されないこともあるでしょう。とはいえ、今回の事例についてはそこそこ工数がかかる60ESRポーティング作業を粗方済ませており、その成果が有益と感じる開発者も多いはずです。また、後者については「聞くのは一時の恥、聞かぬは一生の恥」の良い事例ではないかと思います。結果的にはアップストリームの開発者の協力を得て問題を解決することもできて、成果をより多くの人に使ってもらえる状態にできたので、中途半端でもフィードバックをしておいて良かったなと感じています。

皆さんも「この程度のものは誰の役にも立たないだろう」「この程度のものを世に出すのは恥ずかしい」などと一人で勝手に思い込まないで、手元にある成果を積極的に公開してみてはいかがでしょうか?ひょっとすると、それが世界のどこかで悩んでいる開発者の問題を解決して、感謝してもらえるかもしれませんよ。

2019-01-24

«前の記事: 階層構造データ用のGroongaのスキーマ設計方法 最新記事 次の記事: Webアプリや拡張機能(アドオン)で、Web Crypto APIを使ってローカルに保存されるデータを暗号化する »
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|