株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


Firefoxのトラブルシューティング:Firefox 67以降のバージョンを起動すると意図せず別プロファイルが作られてしまう

2019年8月29日追記:この問題はFirefox 69以降およびFirefox ESR68.1.0以降では修正済みです。本稿はFirefox 67~68.0.x(ESR含む)に特有の現象についての解説となります。

Firefox 67以降のバージョンではFirefoxのインストール先ごとにプロファイルが作られるようになったという事をご紹介しました。しかし、起動の仕方によっては意図せず新しいプロファイルが作られてしまうという場面があります。

例えば、

  • デスクトップ上のショートカットからFirefoxを起動した時
  • コマンドプロンプト(cmd.exe)からパスを明示してFirefoxを起動した時
  • メールクライアントの本文内のURLをクリックして、URLを開く既定のアプリケーションとしてFirefoxを起動した時
  • テキストエディタから登録済みの外部アプリケーションとしてFirefoxを起動した時
  • Google Chrome用拡張機能を使ってリンク先をFirefoxで開いた時

のような場面で、同じ位置にインストールされているFirefoxなのに、それぞれ別々のプロファイルが作られてしまうという事が起こり得ます。これは何故でしょうか、そしてどうすれば回避できるでしょうか。

原因

この問題は、プロファイルを紐付ける対象のパスが正規化されず、大文字小文字が厳密に区別される事が原因で発生します。

通常、Windowsではファイルパスの大文字小文字は区別されません*1。また、ファイルには古いアプリケーション向けに、MS-DOS互換の短い名前が付いている場合があります。これらの理由から、一般的にWindows上では以下のパス表記はすべて等価に扱われます。

  • C:\Program Files\Mozilla Firefox(正式)
  • c:\Program Files\Mozilla Firefox(ドライブレターのみ小文字)
  • c:\program files\mozilla firefox(すべて小文字)
  • C:\PROGRAM FILES\MOZILLA FIREFOX(すべて大文字)
  • C:\PROGRA~1\MOZILL~1(MS-DOS互換の8.3形式)

ところが、Firefoxがインストール先パスとプロファイルとを紐付けるために使う情報は、当該フォルダのNTFSでのオブジェクトIDでもなければ正規化されたパス文字列でもなく、これらを単純な文字列として計算したCity Hash値です。City Hash値*2はパスの表記の仕方ごとに

  • C:\Program Files\Mozilla Firefox308046B0AF4A39CB
  • c:\Program Files\Mozilla Firefox4FD4C3CBEC5FE500
  • c:\program files\mozilla firefox4D589497A5E2C2E9
  • C:\PROGRAM FILES\MOZILLA FIREFOXB86E4C730D96F15B
  • C:\PROGRA~1\MOZILL~1A86124024953D658

と変化し、FirefoxはこのCity Hash値に対してプロファイルを作成し紐付けるため、「起動する時のパスの指定の仕方によってプロファイルが変わってしまう」という事が起こる訳です。

Firefoxを起動する手段が関連付けのみに依っているのであれば、この問題には遭遇しにくいです。問題が起こりやすいのは、ユーザーが明示的に文字列としてパスを指定する場合です。上記の例の「テキストエディタの登録済みの外部アプリケーション」や「Google Chrome用拡張機能で起動する外部アプリケーション」としてFirefoxを指定する場面では、正式な表記とは大文字小文字が異なるパスを自分で入力してしまいがちだからです。

対処

この問題はBug 1555319 - The case insensitive file system on Windows makes it possible to run Firefox with seemingly different installation pathsとして既にトラックされており、Firefox 69では修正済みとなっています*3。ただ、Firefox 68向けには修正がバックポートされていない*4ため、Firefox 67から68までのバージョンを使っている場合は手動での対策が必要です。

原因は上記の通りなので、対処としては、Firefoxを起動するためにパスを指定している箇所すべてについて、パス表記を正式な表記に揃えるという事になります。

正式なパス表記は、ファイルのプロパティを開いて「全般」タブの「場所」欄に表示される物です。firefox.exeをデスクトップなどにドラッグしてショートカットを作成し、そのプロパティを開いて「リンク先」欄の内容を参照しても同じパスを得られます。これらの方法で正式なパス表記を調べたら、Firefoxのパスを指定していた箇所を探して地道に設定し直していきましょう。

まとめ

Firefox 67以降のバージョンについて、起動の方法によって違うプロファイルが使われてしまう場合があるという問題の原因と回避策を解説しました。

当社ではFirefoxの法人での使用上で起こる様々な問題について、原因や回避方法の調査を有償にて承っています。社内でのFirefoxの運用でお困りのシステム運用担当者の方がいらっしゃいましたら、ぜひメールフォームよりお問い合わせ下さい。

*1 NTFSであればfsutilコマンドを使って特別な属性を与えることでファイル名の大文字小文字を区別するようにする事もできますが、伝統的なWindowsアプリケーションはファイルパスの大文字小文字が区別されない前提で設計されているため、一般的にはこの機能は使われていません。

*2 ファイル名部分を除外した、フォルダのパスのハッシュ値が使われます。

*3 Firefox側でパスを正規化してからCity Hash値を求めるようになりました。

*4 Firefox 69のブロッカーバグとして修正されたものの、Firefox 68に修正をバックポートするには遅すぎたとの事です。Firefox ESR68については、Firefox ESR68.1.0の時点で修正がバックポートされる見込みです。

タグ: Mozilla
2019-07-05

«前の記事: MariaDBへ不具合をフィードバックするには 最新記事 次の記事: OSSへのフィードバックをしてみたいけど、何をフィードバックしたらいいのか分からない »
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|