株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


FluentdとそのプラグインのWindowsでの開発環境

はじめに

クリアコードはFluentdの開発に参加しています。

また、Fluentdにはプラグインというしくみがあり、たくさんのプラグインが開発されています。
FluentdはWindowsでも動くようになっています。FluentdやそのプラグインはmacOSやLinux上で開発するのが一般的であり、Windowsでプラグインを開発するときの開発環境についての記事を見かけないため、筆者畑ケの環境をまとめてみます。

Fluentdやそのプラグインの開発環境

筆者はFluentdやそのプラグインの開発をするときにWindows環境を使う時があります。
Windows 10 Pro 1909環境で、少しRubyのバージョンが古めですが、2.5.7を使用しています。
このRubyはRubyInstaller2のプロジェクトが公開しているインストーラーです。

シェル環境は非Windows環境と統一していません
ターミナルエミュレータにはWindows Terminal (Preview)を使用しています。
Windows Terminal (Preview)はv0.4.2382.0辺りのころから使用しています。
そこで動かすシェルはPowerShellを使用しています。執筆時点ではPowerShell 6.2.4を動かしています。
PowerShellを使っている理由は筆者畑ケが.NET環境の言語やライブラリに馴染みがあるからです。
RubyInstaller2からはMSYS2というWindows環境でgccを用いた開発環境を作成できるツールチェインがあるため、これをRubyの拡張ライブラリのビルドに使用しています。

GitはWindows用のインストーラーをGit for Windowsが用意しているのでこれを使用します。

PowerShellにはposh-gitを入れてgitのbranchの様子などを表示させています。

また、Docker Desktop for Windowsを使用し、Dockerコンテナを動かす必要があるときはこのパッケージ由来のdockerコマンドを使っています。

Docker Desktop for WindowsのdockerコマンドはWindows環境ではコマンドプロンプトやPowerShellでの動作が想定されており、それ以外のシェルでの動作が想定されていないようです。

エディタはGNU EmacsまたはVisual Studio Codeを使用しています。
エディタに関しては普段使っている環境との乖離を少なくするため、非Windows環境と共通のGNU Emacsを使っていることが多いです。

まとめ

FluentdやそのプラグインのWindows開発環境を解説してみました。
WindowsではPowerShell環境が.NETと親和性が高く、スクリプトとしても痒いところに手が届くようになっています。
そのため、筆者はMSYS2付属のbashやコマンドプロンプトを使わずにPowerShellをWindowsでは普段使いのシェル環境としています。

タグ: Fluentd
2020-02-14

«前の記事: ノータブルコード3 - 危険なバグを仕組みで予防する 最新記事 次の記事: ノータブルフィードバック1 - 導入時のつまずきを減らす報告 »
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|