株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


ノータブルコード6 - ポインターのサイズで32bit環境を見分ける

Groongaという全文検索エンジンの開発に参加している堀本です。
今回は、開発中にGroongaのソースコードから「おぉー」と思ったコードを見つけたので紹介します。

Groongaは32bit用パッケージと64bit用パッケージを配布していますが、32bit環境のときだけコンパイルオプション等を設定したいケースがあります。

例えば、32bitのWindows向けパッケージはCMakeを使用してビルドしていますが、CMakeには32bitのWindowsかどうかを判定できる定義済みの変数はありません。
WIN32という定義済みの変数がありますが、これはコンパイルターゲットが(64bitを含む)Windowsの場合にTrueになるので、32bitかどうかの判定には使えません。

そこでGroongaでは、以下のようにポインターのサイズを使って32bitかどうかを判定しています。
(CMAKE_SIZEOF_VOID_Pvoidポインタのサイズを計算してくれるCMakeの定義済みの変数です。)

  if(CMAKE_SIZEOF_VOID_P EQUAL 4)
    # 32bit
    list(APPEND MRUBY_DEFINITIONS "MRB_METHOD_T_STRUCT")
  endif()

データ型のサイズは、データ型モデルという定義にしたがって決まります。データ型モデルとはデータ型の大きさを定義したもので、OSによって異なりますが、概ね以下のどれかになります。

32bit用データ型モデル
データモデル名 short int long long long pointer
ILP32 16 32 32 64 32
LP32 16 16 32 64 32

64bit用データ型モデル
データモデル名 short int long long long pointer
LLP64 16 32 32 64 64
LP64 16 32 64 64 64
IP64 16 64 32 64 64
ILP64 16 64 64 64 64
SILP64 64 64 64 64 64

上記を見てわかるとおり、どのモデルであっても32bitの場合、ポインターのサイズは、32bit(4byte)になっています。
また、同様に64bitの場合も、ポインターのサイズはどのモデルも64bit(8byte)になっています。

現状出回っているほとんどの環境では、上記のように32bitと64bitでポインターのサイズは決まっているので、これを利用して32bit環境かどうかを判定できるのです。

様々なOSの32bit版のソフトウェアをメンテナンスしている方は、上記のような判定方法も利用してみてはいかがでしょうか?

2020-05-14

«前の記事: GitHub Actionsを使ったGroongaのパッケージのインストール、テストの自動化 最新記事 次の記事: ノータブルコード7 - Rustのif式を賢く使う »
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|