株式会社クリアコード > ククログ

ククログ


gbpを使ったDebianパッケージでパッチのファイル名を明示的に指定するには

はじめに

Debianパッケージのメンテナンスではgbpコマンドがしばしば使われます。
gbpを使ったワークフローでは、従来やや面倒だったquiltを意識せずにパッチを管理できます。

ただし、特に指定をしなければコミットメッセージからファイル名が自動的に設定されてしまいます。*1

debian/patches以下にあるパッチのファイル名を明示的に指定するにはどうすればよいでしょうか。

gbp pqコマンドを利用したパッチ管理をする

gbpにはgbp pqというパッチ管理のためのコマンドがあります。
gbp pqを使うと、冒頭で述べたようにquiltを意識せずにパッチを管理できます。*2

仮にdebian/unstableブランチでunstable向けのパッケージをメンテンナンスをしているときに次のコマンドを実行すると、
パッチを管理するためのブランチをrebaseできます。

gbp pq rebase

rebase後のブランチ名はpatch-queue/debian/unstableです。
このブランチではdebian/unstableブランチにdebian/patches/以下のパッチがコミットされている状態となります。

Gbp-Pq:タグを使う

gbp-pq(1)を読むと書いてありますが、コミットメッセージにGbp-Pq:タグを含めます。

Gbp-Pq:タグを含んだコミットとは例えば次のようなコミットです。

commit 9f956f8232cce926eed52ab3fb2ed3f951d40652
Author:     Steven Chamberlain <stevenc@debian.org>
AuthorDate: Sat Jul 16 23:52:50 2016 +0100
Commit:     Kentaro Hayashi <kenhys@gmail.com>
CommitDate: Mon Jul 20 21:37:15 2020 +0900

    Use _GNU_SOURCE on GNU/kFreeBSD

    Define _GNU_SOURCE not only on GNU/Hurd, but also other glibc-based
    platforms including GNU/kFreeBSD.

    See https://bugs.debian.org/cgi-bin/bugreport.cgi?bug=826061#10

    Gbp-Pq: Name fix-nginx-FTBFS-on-kfreebsd.patch
---
 vendor/nginx-1.17.9/src/os/unix/ngx_posix_config.h | 5 ++++-
 1 file changed, 4 insertions(+), 1 deletion(-)
diff --git a/vendor/nginx-1.17.9/src/os/unix/ngx_posix_config.h b/vendor/nginx-1.17.9/src/os/unix/ngx_posix_config.h
index 2a8c413e..03f7e0a5 100644
--- a/vendor/nginx-1.17.9/src/os/unix/ngx_posix_config.h
+++ b/vendor/nginx-1.17.9/src/os/unix/ngx_posix_config.h
@@ -21,10 +21,13 @@
 #endif

-#if (NGX_GNU_HURD)
+#if defined(__GLIBC__)
 #ifndef _GNU_SOURCE
 #define _GNU_SOURCE             /* accept4() */
 #endif
+#endif
+
+#if (NGX_GNU_HURD)
 #define _FILE_OFFSET_BITS       64
 #endif

この状態でgbp pq exportを実行すると、debian/patches/fix-nginx-FTBFS-on-kfreebsd.patchが生成されます。簡単ですね。

まとめ

今回は、gbpを使ったパッチ管理においてファイル名を明示的に指定する方法(Gbp-Pq: Name)を紹介しました。
patches以下にパッチを貯めるのはあまりおすすめできませんが、Debianパッケージをgbpでメンテナンスするときに必要になったら参考にしてみてください。

*1 git format-patchみたいな挙動といえばわかりやすいかもしれません。

*2 普通にgitのブランチを扱う感覚でパッチも管理できる

2020-07-22

«前の記事: ノータブルコード10 - 文芸的設定ファイル 最新記事 次の記事: Fluentd-kubernetes-daemonsetのElasticsearchイメージでILMを使う »
タグ:
年・日ごとに見る
2008|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2017|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2019|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2020|01|02|03|04|05|06|07|08|